*

西宮の祭礼(2)

      2015/10/15

2015年10月14日(水)の歴史講座「西宮の祭礼(2)」を聴講した感想ご紹介します。

講師の細木学芸員から現在調査研究中の岡太神社の一時上臈の話を聞きましたが、
このような祭りがなぜ小松村に残っているのかということに注目しているそうです。
文書に残されている内容と、今に伝わる様子のスライドを紹介してもらいました。

151014CIMG5362x
小松村の岡太神社に伝わる「一時上臈(いっときじょうろう)」は毎年10月11日に
北講14人と南講10人に分かれた地元の氏子が供物を持ち行列する秋祭りでしたが、
時代の変化により行列奉仕ができなくなり講も解散して保存会へと組織を改めました。

この祭りの歴史は古く、「(平安初期に)こんな供物を用意する祭りがあった」と
書かれた平安後期の記録や「(平安後期に)14人が平重盛のために役に立ったので
樋口の姓を賜った」という室町時代の記録があるそうです(江戸時代1659年の
万治の戸崎切れの水害でその原本が傷んだため概要を書き写した「岡司神社古記」
という写しによる)。

151014CIMG5377x 151014CIMG5370x
江戸時代にはほかの資料にもこの祭りのことが記されていますが「一時上臈」と
呼んだ記録は古い時代にはなく、これは大阪の野里住吉神社の「一夜官女」という
よく似た祭りの影響を受けているのではないかということでした。

野里住吉神社の一夜官女は毎年いけにえの少女を狒々(ヒヒ)に捧げていたところを
岩見重太郎という武芸者が身代わりに櫃にはいって狒々を退治したという由来が
あるそうで、同じような民話が鳴尾にも残されているそうです。

野里住吉神社は今でも2月に行列を作っての祭りが行われているそうですので
その様子を見に行ってもおもしろそうですね。

 

歴史講座の次回開催予定は12月9日(水)「江戸時代の神事と仏事」です。
申込 http://www.nishi.or.jp/contents/0002446400040004800699.html

 

 -歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館, ,

  関連記事

西宮の前方後円墳

第29回特別展示 「西宮の前方後円墳 -津門稲荷山古墳をさぐる-」 2013年7月30日(火)~9月

西宮市立郷土資料館

高畑町遺跡展(1)

第38回特集展示 「高畑町遺跡展(1) ~古墳時代から鎌倉時代の木製品~」 2012年4月24日(火

名塩のだんじり小屋

名塩のそう広くない地域ですが7町が持っているだんじり庫を見学に行きました。 次々と案内してもらいあれ

具足塚古墳現地解説会

具足塚(ぐそくづか)古墳が西宮市史跡に指定され、現地見学会がありました。 場所は広田神社前バス停すぐ

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

今津の酒造家・小豆嶋屋

2014年10月15日(水)の歴史講座 「今津の酒造家・小豆嶋屋」 を聴講した感想ご紹介します。

神原周辺の文化財をめぐる

国際博物館の日記念の文化財ウォーク「神原周辺の文化財をめぐる」 がありました。 朝降っていた雨も何と

八十塚古墳群の時代展 現地見学会

8月4日(土)にあった郷土資料館の特別展示に関連の現地見学会に行ってきました。 危険な暑さを記録する

西宮の石造物

2013年10月16日(水)の歴史講座 「西宮の石造物-西宮歴史調査団の 活動からわかった新たな歴史

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://