*

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

      2014/09/06

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。
当初の古文書班登録メンバーは確か10人ちょっとだったと思うのですが
ほぼ皆勤賞の人が約半分の6人程度で、皆さんそれぞれに時間の都合を
つけながら頑張って楽しく取り組んでいます。

 

宗門帳にはたくさんの人の名前があって、たくさんの判子が押されています。
今回ご紹介するのは楷書に近い書体なので読めますね。

富                  信                  吉
   

訓                  藤原                 いたみや(利) 
   

この「いたみや(利)」の判子の持ち主は伊丹屋佐兵衛さんだったのですが、そのほかは
判子の文字は屋号の漢字と直接関係なかったりします。
もしかしたら苗字と関係ある文字なのかもしれないし、あるいは、富や栄や吉のように
縁起のよい文字を選んでるのかもしれないですね。

             -活動日2012.11.14.(水) 団員7名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・150206・神戸の旦那寺

    新しく出てきた浄土真宗八幡村梅仙寺は、神戸市東灘区八幡町、 阪急六甲駅近くに今もあるようです

調査団 古文書班・140626・代判坐古屋北右衛門

以前、備中屋利助の (榮) のはんこに見覚えがあって、一冊の冊子の中に 本人の記載のページと、代判人

古文書

調査団 古文書班・120822・よく似た崩し字

久しぶりの古文書班の活動でした。 「一ヶ月ぶりだとせっかく慣れてた頭がにぶってるなぁ」と苦笑いしなが

調査団 古文書班・121019・大坂の寺

前回見学にこられた方が今回から参加されることになりました。 また、今回も見学の方が来られて来月にも見

調査団 古文書班・160219・養父

続柄のいろいろを紹介していますが、初めて「養父(ようふ)」がありました。 パッと見て「養」には見えな

調査団 古文書班・141219・右と左

今日は古文書班活動に興味があり見学に来られた方がいて、ちょっとお試しを 体験された後、参加登録までさ

調査団 古文書班・130313・借地帳

二冊目は借地人の帳面を担当しました。 基本的な内容は今まで取り組んでいた借家人の帳面と同じです。

調査団 古文書班・160224・浜方庄屋

いま担当している宗門帳の終りの方のページに「濱方庄屋」が出てきました。 なんとなくえらい人は一番前に

調査団 古文書班・160415・活動開始

古文書班5年目の活動がスタートしました。 新人さんも増えたので質問しやすいようにと机の並べ方を変えて

調査団 古文書班・151016・改名

昔の人は良く名前を変えているという印象があります。 イメージとしては成人したときに幼名から名前を変え