*

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

      2014/09/06

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。
当初の古文書班登録メンバーは確か10人ちょっとだったと思うのですが
ほぼ皆勤賞の人が約半分の6人程度で、皆さんそれぞれに時間の都合を
つけながら頑張って楽しく取り組んでいます。

 

宗門帳にはたくさんの人の名前があって、たくさんの判子が押されています。
今回ご紹介するのは楷書に近い書体なので読めますね。

富                  信                  吉
   

訓                  藤原                 いたみや(利) 
   

この「いたみや(利)」の判子の持ち主は伊丹屋佐兵衛さんだったのですが、そのほかは
判子の文字は屋号の漢字と直接関係なかったりします。
もしかしたら苗字と関係ある文字なのかもしれないし、あるいは、富や栄や吉のように
縁起のよい文字を選んでるのかもしれないですね。

             -活動日2012.11.14.(水) 団員7名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・130213・大坂の旦那寺

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に書かれた旦那寺についての 紹介も最後になりますが、ち

調査団 古文書班・150514・大阪の旦那寺

摂津国嶋下郡は今の大阪府吹田市や茨木市あたりになります。 法性寺という寺は地名辞典では見つけられず、

調査団 古文書班・130822・真言宗

「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」に取り組んでいますが、 禅宗のページが終って真言

調査団 古文書班・女性の名前(や~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。

調査団 古文書班・140508・横長の印

ちょっと変わった横に長いハンコが出てきました。

調査団 古文書班・131105・針醫師

文久三(1863)年の浄土宗宗門帳に新しい職業記載を見つけました。

調査団 古文書班・160106・よく似た崩し字

新春早々の調査活動日でした。 先月は都合悪く出席できなかったりしたのでほぼ一月ぶりで、なんとなく 頭

調査団 古文書班・120926・引っ越しました

引越し前後の情報がきちんと見つかりました。 たまたま宗派が同じで同じ町内の借家から借家へ移ったので同

漢数字

調査団 古文書班・120921・漢数字

古文書を読んでいると今はあまり使わない漢字も出てきます。 実際に取り組むまではその筆頭と言えぱ漢数字

調査団 古文書班・160415・活動開始

古文書班5年目の活動がスタートしました。 新人さんも増えたので質問しやすいようにと机の並べ方を変えて