*

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

      2014/09/06

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。
当初の古文書班登録メンバーは確か10人ちょっとだったと思うのですが
ほぼ皆勤賞の人が約半分の6人程度で、皆さんそれぞれに時間の都合を
つけながら頑張って楽しく取り組んでいます。

 

宗門帳にはたくさんの人の名前があって、たくさんの判子が押されています。
今回ご紹介するのは楷書に近い書体なので読めますね。

富                  信                  吉
   

訓                  藤原                 いたみや(利) 
   

この「いたみや(利)」の判子の持ち主は伊丹屋佐兵衛さんだったのですが、そのほかは
判子の文字は屋号の漢字と直接関係なかったりします。
もしかしたら苗字と関係ある文字なのかもしれないし、あるいは、富や栄や吉のように
縁起のよい文字を選んでるのかもしれないですね。

             -活動日2012.11.14.(水) 団員7名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

調査団 古文書班・160211・女性の名前

前の古文書班の記事で紹介した人ですが、「ゆか」さんです。 まず見たものは変体仮名の「遊可」と書かれて

2012.7.6.

調査団 古文書班・120706・幼い戸主

古文書調査のページが進んでいくと、またまた若い戸主がいました。 この場合はなぜ母親が戸主にはならない

調査団 古文書班・130109・西宮の旦那寺

西宮歴史調査団の古文書班で私が担当した「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」を読み終わって、

調査団 古文書班・160323・年寄

年度末の最後の活動日、ちょうど一冊が終わりました。 字の読みやすさやページ数の多少などいろいろ違いは

調査団 古文書班・161118・展示の準備

西宮市立北口図書館とは何度か展示や講座などを一緒に開催していますが、 来月12月から歴史調査団の活動

調査団 古文書班・女性の名前(は~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめています。

調査団 古文書班・130507・活動開始

西宮歴史調査団古文書班の平成25年度の活動が始まりました。

s-120518CIMG8256

調査団 古文書班・120518・調査台帳作成

古文書班2回目は前回に引き続き宗門帳の冊子の表紙の撮影から始まりました。

調査団 古文書班・150514・大阪の旦那寺

摂津国嶋下郡は今の大阪府吹田市や茨木市あたりになります。 法性寺という寺は地名辞典では見つけられず、