西宮流へ戻る

調査団 古文書班・当て字の名前

当て字というのもちょっと違うのかもしれませんが、名前に使われている
漢字に首をかしげたくなることがたまにあります。


はじめ見たときは見当もつかず、調べてみて「佶(きつ)」という字があると
分かり、「佶松」「佶右衛門」「五郎佶」「藤佶」と読みました。
一般的に「吉(きち)」と書く名前だと思うのですが…。


右端は「休左衛門」と読めるのですが、他の家にも「休四郎」「休吉」
などあり、これはふつう「久(きゅう・ひさ)」ではないのかな?
また右から三番目※は変体かなで「飛左吉」で「ひさ吉」かと思われ、
これも「久(ひさ)」ではないかと思います。

音が同じなら違う漢字でも使うことがあるケースは時々出てきましたが、
私にとって特に違和感を感じたものをまとめてみました。


-新型コロナウイルスの感染拡大予防のため自宅にて調査作業中-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました