*

調査団 古文書班・151028・水帳絵図

   

西宮市立郷土資料館には江戸時代の西宮町の地図が数点あります。
そのなかに「水帳(みずちょう)絵図」という土地台帳の内容を絵図にしたものが
あって、この史料の調査も手掛けていこうという打ち合わせをしました。

水帳
地図のタイトルに「七冊之内弐番」とあるのですが現存するのはこれ一冊で、
また町名も年号も書かれておらず(壱番には記載があったかも?)、元となった
土地台帳も残っていないので詳細不明なのですが、地図の東側に畑があることや
道が南北を軸に通っていることなどから浜東町ではないかと推測されています。

土地所有者の名前と判子、その土地の間口と奥行きのサイズが書かれているので、
浜東町の宗門帳を調査している古文書班メンバーならば見覚えがある名前が出てくる
かもしれないということで、絵図の調査も並行して行うことになりました。

で、さっそく、顔見知りさん(笑)がいました。

加茂屋市郎兵衛
花か三つ葉のクローバーのようにも見える図柄の長方形の判子が、たまたま
この絵図を見る前の週に宗門帳に見たように思い調べてみると、あたり!
サイズは測っていませんが、写真撮って拡大して見ると同じ判子のようです。

他のメンバーが見たところでも浜東町宗門帳にある名前がいくつかあったと
言うことですが、代々当主の名前も判子も継いでるということはあり得るので
年代は不明ですし、土地所有者名なので住んでいるのかどうか確定できません。

 

-活動日2015.10.28.(水)  団員3名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 

 -古文書班,

  関連記事

調査団 古文書班・160127・人の移動

四井屋ゆかの家に「同町当舎屋久右衛門の姉ひさと祖母妙厚を辰年三月に引き取る」 と追記があって、二人の

調査団 古文書班・190822・古郷帰り

浜石在町宗門帳には浜東町では見なかった表現も出てくるようになりました。 浜石在町のこの家に同家として

調査団 古文書班・150918・同家

人の移動に関して「同家」というものもあります。 同居人の意味合いではあるのですが、親戚なら続柄を書く

調査団 生瀬調査チーム・140930・浄橋寺

西宮市立郷土資料館による生瀬地区の文化財の再調査。 歴史調査団古文書班の拡大版で浄橋寺文書の調査にも

くずし字にふれる~身近な変体かな~

西宮市立北口図書館との共催で北口図書館において郷土資料展示&ブックフェア 「岡本宇兵衛の大庄

調査団 古文書班・190426・筆写開始

浜石在町宗門帳96冊の調査台帳作成が前回終わり、いよいよ筆写スタートです。 今までは見たそのままをノ

調査団 古文書班・171020・伊丹の旦那寺

北河原村来迎寺 は現在の伊丹市北河原二丁目にあるお寺のようです。   -活動日2017.1

調査団 古文書班・近隣村の寺

西宮の宗門帳を読んでいるので寺の所在地はほぼ西宮で、たまに阪神間の地名が 出てきますが、今まで聞いた

調査団 古文書班・161216・備中屋利助

今日は北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」を紹介するニュースを 見た

調査団 古文書班・160727・神戸の旦那寺

古文書班は今年度は活動日の設定が月二回と昨年の半分になったのと 水帳絵図調査であたふたしてるのでなか

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です