*

調査団 古文書班・160224・浜方庄屋

   

いま担当している宗門帳の終りの方のページに「濱方庄屋」が出てきました。
なんとなくえらい人は一番前に書かれるようなイメージだったのですが…。
(右は以前も紹介した他のメンバーが調査しているものに出てきたページで
年代を忘れたのですがたぶん後の時代の人だったかと。)

syoya160224CIMG7340t  syoya150603CIMG3171t
濱方庄屋 藤田 仁三兵衛 年五十三  ←天保14(1843)年宗門帳より
濱方庄屋 有岡 太兵衛  年四十八

『西宮市史』を読んだら名前が出てくる人たちだと思うので、そのうちに
市史をちゃんと読んでみようと思います。

 

-活動日2016.2.24.(金)  団員5名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・160219・養父

続柄のいろいろを紹介していますが、初めて「養父(ようふ)」がありました。 パッと見て「養」には見えな

調査団 古文書班・150611・芦屋の旦那寺

芦谷村という地名に悩みましたが、芦屋市西山町の安楽寺の事だと思います。 芦屋村と表記している年もある

調査団 古文書班・140424・三年目の活動

今年度も古文書班に登録したのでそれをメインにして紹介します。 また時々は 西宮神社で調査活動中の石造

調査団 古文書班・151008・相果

生まれたり亡くなったりした場合も印の横に注記が小さく書き込まれます。 生まれた場合は「生 〇〇(名前

調査団 古文書班・190418・調査台帳作成

新年度の古文書班活動は新しく3名増えてスタートです。 昨年度で浜東町の調査を終わり、浜石在町の宗門帳

調査団 古文書班・130509・宗門帳の形式

西宮町は幕府領で大坂町奉行所の管理下にあったので、西宮町宗門帳は大坂での 形式にちかいものだそうです

調査団 古文書班・190523・浜東町散歩

5月とは思えないほど暑い今日の古文書班の活動は、昨年度まで宗門帳の調査を していた江戸時代の浜東町の

調査団 古文書班・130327・備中屋利助

たまたま担当した一冊目の安政六己未歳(1859)十月借家一向宗門帳と たまたま次に手にした二冊目の嘉

調査団 古文書班・150514・大阪の旦那寺

摂津国嶋下郡は今の大阪府吹田市や茨木市あたりになります。 法性寺という寺は地名辞典では見つけられず、

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの 若い男性の場合は代わりに印を押す成人男