*

調査団 古文書班・160219・養父

      2016/02/24

続柄のいろいろを紹介していますが、初めて「養父(ようふ)」がありました。
パッと見て「養」には見えないのですが、父に接続する続柄を考えて「義父」でも
ないようなので、意味合いから考えて「養父」だろうということにしました。

160224CIMG7341z

引っ越してきた家族のようで、走り書きのメモが貼紙されている状態なので
「信行寺」「代判」「女房」もここに出てきそうな文字と頭の中で照らし合わせて
何とか読めるけど、この文字だけ見たのではきっと読めません。
戸主もはじめは漢字三文字の男性かと思いましたが、20才で代判人がいるから
女性かも?と思ったらやっと「登み」に見えてきましたが、どうでしょうか。

 

-活動日2016.2.19.(金)  団員9名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・女性の名前(あ~)

今までいろいろ見てきた中で出てきた女性の名前をまとめてみようと思います。

調査団 古文書班・150206・神戸の旦那寺

    新しく出てきた浄土真宗八幡村梅仙寺は、神戸市東灘区八幡町、 阪急六甲駅近くに今もあるようです

調査団 古文書班・150902・家出

家を飛び出してしまう人もちょこちょこといたようです。 理由などはまったく書かれていませんが、探したり

調査団 古文書班・150220・備中屋利助

以前、(榮)の判子が印象深くて他の年度でもすぐ気が付くと言っていた 備中屋利助さんちですが、他の人が

調査団 生瀬調査チーム・140930・浄橋寺

西宮市立郷土資料館による生瀬地区の文化財の再調査。 歴史調査団古文書班の拡大版で浄橋寺文書の調査にも

調査団 古文書班・130702・醫師

職業のわかるケースは、今のところ医者しか見たことがないです。

調査団 古文書班・150603・宝塚の旦那寺

江戸時代に街道筋の宿場町として栄えた小浜村の法仙寺は 現在小浜五丁目にある寺の事だと思われます。 &

調査団 古文書班・140704・判子の向き

判子には文字が読めるように天地があるはずなのですが、けっこうあっちこっち いろんな方向を向いています

西宮歴史”発見”物語

西宮歴史”発見”物語 西宮市立北口図書館(アクタ西宮東館5F) 閲覧室展示コ

調査団 古文書班・190726・西宮町の変遷

江戸時代の西宮町の町名と今の西宮神社周辺から南あたりの町名はよく似ているので昔から変わらないかと思っ