西宮流へ戻る

調査団 古文書班・201021・江戸表罷下(当年)

戸主が江戸に下って留守真っ最中の宗門帳を先に紹介しましたが、それとは
別の人物で今から行ってくるという時の書き込みも見つかりました。
画像のはんこは下(2月まで)は友吉本人の印が押してありますが、
卯3月付で追記がありそこから上(3月以降)は代判人の印に変わっています。


また別人物の記載には、申年の宗門帳に「去る午年」といつから代判なのかも
書いてあるので、2年前の21歳の時に江戸へ行ったとわかります。
その午年の宗門帳を見れば6月横には上の資料のような追記が書かれている
のでしょうが、残念ながら現存していません。

-活動日2020.10.21.(水)  団員11名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団の団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました