西宮流へ戻る

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの
若い男性の場合は代わりに印を押す成人男性の代判人がいました。

樽屋 年廿五    寅吉
病身ニ付代判同町 源中屋忠兵衛
女房 とし三十一  やす
娘  とし五    せい
娘  とし四    とら
悴  とし壱    辰蔵

0733 借家一向宗

25才男性なら普通自分で判を押していますが、この場合「病身につき」
と但し書きをわざわざ入れて代判人がいます。
寅吉がこの後回復したのかどうかは翌年の宗門帳を見てみないと
わからないですね。

 

-活動日2014.5.16.(金)  団員4名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました