*

調査団 竜吐水班・草双紙の用水桶(屋根上)

      2020/07/28

草双紙を見ていると家々の屋根の上に何か載っているのに気が付きました。
調べてみると、これも火事に備えて水を溜めておく用水桶だそうです。

以前に見た「火の用心見立そうし」の「竜吐水で…もう四五軒水を揚げたら」
という、屋根の上に水を汲み揚げておくべき設備でしょうか。
こんな小さな桶に水が溜まっていた所で、消火の役に立つのかいつの間にか
干上がっていないか疑問ですが、備えるという心構えは大事ですよね。

吉原の俯瞰図の部分ですが、屋根の上に四角いものが並んでいる部分に赤丸を
つけてみました。 <寛政9 (1797)「絵本吾妻抉」3巻コマ5>

下左図は同じく吉原の様子で背景の人物と重なって少し見えにくいのですが、
屋根の上の四角い柵の中に木桶があり、ほうきのようなものと渦巻キャンディーの
ようなものが立てられています。 <安永10(1781)「遊客古事附太平記」コマ13

 
上右図は屋根の上で捕物をしている部分ですが、桶にわらを巻いてから縄を巻いて
ほうきのようなものが2本立っています。 <文化7 (1810)「江戸染杜若絞」コマ19>

前の記事の「絵本三家栄種」の用水桶の横にも、右にほうき左に渦巻の一部分だけ
見えてる様子が描かれています。
おそらくわら製で、水に浸して火を叩き消すような使い方をする物でしょうか。

また屋根の上には何もないと思っていましたが、2階から出入りする物干しが
1階の屋根の上に作られてもいたようです。

天明7 (1787)「絵本詞の花」コマ9のこの挿絵には、右に朝顔が咲いている横長の
植木鉢があって、左には七夕の笹飾りがあります。
笹の奥にはしごがあってさらに2階の屋根の上に登れるようになっていますが、
これはまた次の記事で。

史料は国立国会図書館デジタルコレクションより。

- 竜吐水調査に関連する調べ物の覚書 -


これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・170426・収蔵品調査

平成29年度の竜吐水班活動は、西宮市立郷土資料館に収蔵されている消防道具 いろいろについて再調査から

調査団 竜吐水班・草双紙の竜吐水(その1)

竜吐水の挿絵がないかと思い、国立国会図書館デジタルコレクションを探してひとまず1710年~1799年

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

西宮歴史調査団

西宮歴史調査団は、指定や登録はされてはないけれど市内の身近なところに残っている大切な歴史資料文化財を

調査団 竜吐水班・新板手遊火消道具尽

おもちゃ絵とは、絵双六やカルタと共に、近世後期から近代にかけて製作・出版された千代紙風の図鑑的な知育

調査団 竜吐水班・190423・古文書解読

竜吐水班は新メンバーの参加はなく、引き続きぼちぼちと調査を進めます。 なのですが、なぜか今年度初回の

調査団 竜吐水班・180522・北村源兵衛

生瀬の浄橋寺にある竜吐水を制作した北村源兵衛の御子孫が今もいらっしゃると わかり、大阪玉造にある株式

調査団 竜吐水班・160328・調査用メモ

竜吐水調査の一年目が終わりますが、消防分団などに調査に行った時に 私がちゃんとした名前を知らなかった

調査団 竜吐水班・火之用心三十六歌仙

前に紹介した「おゝ津ゑぶし、そうかへぶし」の中の「火之用心三十六歌仙」には和歌をもじったものとそれを

調査団 竜吐水班・りうこしや

表紙に竜吐水などの消火道具の絵が描かれた冊子の資料がありました。国立国会図書館デジタルコレクションよ