*

調査団 竜吐水班・191009・鳴尾東分団

   

鳴尾東分団の調査に伺いました。


法被や団旗や昔の集合写真などを調査させていただきました。
昔は火の見やぐらにあったという半鐘も棚の奥にしまっていましたが、
紐のついた高さ10cm程の分銅がなぜか一緒にありました。
これで半鐘を叩いてたのかと変なことを考えてしまいましたが…?

 
「大垣 山北」と「定錘 秤量拾五瓩」の文字があります。
竿秤の分銅だと思うのですが、これ自体は片手で持てる重さなので
15Kgが量れる秤の分銅という意味なのでしょうか?

<参考>さおばかりについて https://narakouki.web.fc2.com/saobakarinituite.html

-活動日2019.10.9.(水)  団員5名+学芸員1名-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・火之用心三十六歌仙

前に紹介した「おゝ津ゑぶし、そうかへぶし」の中の「火之用心三十六歌仙」には和歌をもじったものとそれを

調査団 竜吐水班・江戸丁々火用心道具品数附

『江戸丁々火用心道具品数附』という資料、縦35cm横70cm程の大きな紙にぎっしりと書かれている中か

調査団 竜吐水班・大火大事安全明王

偶然に竜吐水の絵をいくつか見つけました。国立国会図書館デジタルコレクションより 『火水風災雑輯(2)

西宮歴史調査団

西宮歴史調査団は、指定や登録はされてはないけれど市内の身近なところに残っている大切な歴史資料文化財を

調査団 竜吐水班・新板手遊火消道具尽

おもちゃ絵とは、絵双六やカルタと共に、近世後期から近代にかけて製作・出版された千代紙風の図鑑的な知育

調査団 竜吐水班・野和魔獅子

竜吐水や用水桶などの消火道具で出来た怪しげな獅子舞?が目を引きます。国立国会図書館デジタルコレクショ

調査団 竜吐水班・161115・大庄屋岡本家

瓦林の大庄屋岡本家にも竜吐水が残っているということで調査に行きました。 こちらには二台の竜吐水が残さ

調査団 竜吐水班・160311・竜吐水細工所

竜吐水調査一年目に見た西宮市内に残る竜吐水の製作所の焼印です。 下大市永福寺「龍吐水/(不明)」 天

西宮歴史”発見”物語

西宮歴史”発見”物語 西宮市立北口図書館(アクタ西宮東館5F) 閲覧室展示コ

平成29年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の一年間のまとめである活動報告会がありました。 今年度はスライドを見てもらいながら話し

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です