*

調査団 竜吐水班・180705・喞筒型録

   

今年5月には西宮消防局に保存されている喞筒(そくとう)と呼ばれる金属製の
消防用ポンプなどを調査に行きました。
「大社村 第壹部消防組」が「大正二年 三月新調」したもので、製作所は
「第七五八〇號 専賣特許 大阪市北区中之嶋五丁目 河野商會」でした。

その後別の竜吐水の調べ物で尼崎市立地域研究史料館に行った時に、ついでに
目的以外の文書群の目録を見ていたら、「河野喞筒製作所消防ポンプカタログ」が
目に留まり、ん?河野の喞筒…?! と資料を出してもらうと大当たりでした!
(以下の写真は尼崎市立地域研究史料館所蔵の柳川啓一氏文書の資料より)

目次には住所も専売特許番号も同じ記載があり、見た限りではこの↑画像のタイプが
西宮消防局の物に似てるのですが、この図には専売特許番号の記載がないのです。
そもそもカタログの発行年の記載がなく史料館の目録にも年代が大正としか載って
ないのですが、カタログに掲載されている、品評会でもらった賞や販売先からの
証明書の日付を確認すると、明治14年6月付から大正13年4月付までありましたので、
西宮消防局の大正2年製は旧型でこのカタログには載ってないかもしれませんね。

これら証明書の外にも販売実績として記載されているのは、今の西宮市域で言うと、
有馬郡生瀬消防組や武庫郡今津町・越木岩・芝村の消防組や西ノ宮町役場や
西宮醸造株式会社など、大阪や京都など近畿地方、岡山・広島・香川・山口・福岡・
静岡などにも若干の販売先があったようです。

竜吐水調査の本筋からはやや脱線していますが、西宮市にもこういう資料がないか
探してみるのもおもしろそうだと気が付いたのでよかったです。

 

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・大火大事安全明王

偶然に竜吐水の絵をいくつか見つけました。国立国会図書館デジタルコレクションより 『火水風災雑輯(2)

調査団 竜吐水班・190529・鳴尾消防署

事前確認では古いものはほとんど残っていないけれどというお話しでしたが、 鳴尾消防署へ調査に伺いました

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

調査団 竜吐水班・170426・収蔵品調査

平成29年度の竜吐水班活動は、西宮市立郷土資料館に収蔵されている消防道具 いろいろについて再調査から

調査団 竜吐水班・新板手遊火消道具尽

おもちゃ絵とは、絵双六やカルタと共に、近世後期から近代にかけて製作・出版された千代紙風の図鑑的な知育

調査団 竜吐水班・龍虎車

「りうこし」についてまた新しい表記の資料がありました。竜骨車などを使って水を屋根の上にあげる、という

調査団 竜吐水班・龍骨車師

「リウコシヤ」を調べていて、竜骨車を作る職人の資料を見つけました。 国立国会図書館デジタルコレクショ

調査団 竜吐水班・火の用心見立そうし

「火の用心見立そうし」という資料の中にも竜吐水の挿絵がありました。国立国会図書館デジタルコレクション

調査団 竜吐水班・190326・名塩分団

年度末の報告会は終わりましたが、その後も年度内ぎりぎりまで調査活動をしました。 今回は名塩分団に伺っ

調査団 竜吐水班・160709・収蔵品調査

各地の消防分団など調査に行っている竜吐水班ですが、西宮市立郷土資料館に 収蔵している竜吐水について調