*

調査団 定例会・180512・文化財ミニ研修

      2018/05/13

西宮歴史調査団は各班ごとの活動日のほかに毎月一度全員で集まって
勉強会や打ち合わせなどを行っています。

今月は文化財ミニ研修で「慶長十年摂津国絵図」やその他計4点の絵図の
現物を見て、さらに史料を痛めないように取り扱う方法を勉強です。


唾が飛ばないようマスクは必須、ひっかけて破かないように腕時計を外し
うっかり落とさないよう胸ポケットのペンなども出しておきます。
白い手袋も必須のイメージがありますが、手袋だと和紙のささくれた繊維を
ひっかけてもわかりにくいので、紙史料に関して言えば素手の繊細な感覚で
扱う方が安全なようです(もちろん手をきれいに洗ってよく乾かしてから)。

細部は「にしのみやデジタルアーカイブ」https://archives.nishi.or.jp/ を
利用すれば拡大して見れるのが良いのですが、やはり現物を見るというのは
物の持つ迫力が違いますね。

 

-活動日2018.5.12.(土) 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -西宮歴史調査団

  関連記事

調査団 生瀬調査チーム・140622・街道沿の妻入建築

西宮市立郷土資料館は、今年度から生瀬地区の文化財の再調査に取り組むそうです。 過去にも文化財調査はさ

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

北摂一の軍師 田近新次郎

西宮市立北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」の展示に関連して、 「第

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

歴史・訪ね・歩き@にしきた

例年の報告会の後、西宮市立北口図書館でも簡単な報告会をすることになり 「歴史・訪ね・歩き@にしきた~

調査団 生瀬調査チーム・140930・浄橋寺

西宮市立郷土資料館による生瀬地区の文化財の再調査。 歴史調査団古文書班の拡大版で浄橋寺文書の調査にも

調査団 石造物班・西宮神社旬祭

近くに用事があったので、ついでに西宮神社で石造物班が調査していないかと 寄ってみましたが、いませんで

平成28年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団の2016年度の活動がスタートしました。 今年度も橋梁・石造物・古文書・竜吐水の4班で

平成27年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある 文化財を調査して 記録に残し、その成果

西宮神社の石造物ウォーク

先月の郷土資料館の特集展示「西宮神社の石造物」に関連しての歴史調査団と歩く 歴史散策が開催されました