*

調査団 定例会・161112・西宮の寺社建築

      2016/11/17

毎月一度、全体で集まって勉強したり打合せをする定例会で、現在展示中の
指定文化財公開展「西宮の寺社建築」を担当学芸員さんに解説してもらいました。

161112img_2156x
もともと結界としての目印に2本の丸柱があればそれだけで門だそうです。そこに
倒れないように屋根をつけてさらに支えるために脇柱が増えていったのが今よく見る
形で、門正面の頭の上の一番目立つ梁や柱などの文様から建築年代が推察できます、
とお話がありましたが、建築用語は横に解説文があってもなかなか難しいですねぇ。

寺社の建物そのものはもちろん文化財ですが、なぜその場所を選んで建てられて
いるのかなどを考える事が地域の歴史を知るうえで重要だそうです。

図書館に来たついでにでもちょっと覗いてみて下さいね。

指定文化財公開展「西宮の寺社建築」
2016年11月1日(火)~11月27日(日) 西宮市立郷土資料館常設展示室
http://www.nishi.or.jp/contents/0002091100040004800236.html

 

-活動日2016.11.12.(土)  郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -.活動報告, 西宮歴史調査団

  関連記事

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)

甲山神呪寺八十八ヶ所巡り

神呪寺の南に四国八十八箇所を模したミニ巡礼地があるのをご存知でしょうか。

生瀬・木之元の地蔵を訪ねる

平成25年5月18日(土)、「生瀬・木之元の地蔵を訪ねる」ハイキングに参加してきました! お地蔵さま

北摂一の軍師 田近新次郎

西宮市立北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」の展示に関連して、 「第

調査団月例会・140614・写真の撮り方

毎月第二土曜日は西宮歴史調査団の定例会で、各班のメンバーが郷土資料館に 集まり勉強会や各班の打ち合わ

調査団 生瀬調査チーム・140930・浄橋寺

西宮市立郷土資料館による生瀬地区の文化財の再調査。 歴史調査団古文書班の拡大版で浄橋寺文書の調査にも

調査団 石造物班・西宮神社旬祭

近くに用事があったので、ついでに西宮神社で石造物班が調査していないかと 寄ってみましたが、いませんで

西宮歴史調査団と歩く甲東村

西宮市歴史調査団の現地解説会が行われましたので、写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているの