*

調査団 生瀬調査チーム・140622・街道沿の妻入建築

      2014/06/24

西宮市立郷土資料館は、今年度から生瀬地区の文化財の再調査に取り組むそうです。
過去にも文化財調査はされていますが、年月も経ち、阪神淡路大震災もあったので、
現在の状況を集中的に確認するそうです。

まずは、古い街並みがどの程度残っているか確認しに現地を歩くということで
主に調査をされたのがひょうごヘリテージ機構のメンバーと郷土資料館の学芸員で、
歴史調査団にも参加の案内があり今回は私だけでした。
さらに地元のほうにも案内があったそうで、それを見て参加された方の 計7名で
生瀬街道沿いを歩きました。

ひょうごヘリテージ機構とは「歴史的・文化的建築物等の保存、活用を目指して
様々な活動を行う」事を目的に活動されていて、市や県の指定文化財になるほどは
年数は経っていないけれど重要であるもの、およそ築50年以上の建築物についてを
対象に保存活動をされています。

2014.6.22. 2014.6.22.
2014.6.22. 2014.6.22.

昭和30~40年ころの街並みの写真や住宅地図など過去の調査の資料を準備して、
歩きながら確認しましたが、 阪神淡路大震災で壁がはがれたり傾いたりした家が
震災後に取り壊されて新築され急に街並みが変わったそうです。

.              -活動日2014.6.22.(日)  生瀬地区にて -

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 

 

 

 -西宮歴史調査団

  関連記事

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

調査団 定例会・181013・現地見学会

西宮歴史調査団は各班ごとの活動日のほかに毎月一度全体で集まって 勉強会や打ち合わせなどを行っています

調査団 定例会・180512・文化財ミニ研修

西宮歴史調査団は各班ごとの活動日のほかに毎月一度全員で集まって 勉強会や打ち合わせなどを行っています

調査団 定例会・200111・震災を伝える文化財

阪神淡路大震災25年事業パネル展「震災を伝える文化財」の開催に合わせ、今日の定例会では災害復旧と文化

平成29年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の一年間のまとめである活動報告会がありました。 今年度はスライドを見てもらいながら話し

調査団 生瀬調査チーム・140930・浄橋寺

西宮市立郷土資料館による生瀬地区の文化財の再調査。 歴史調査団古文書班の拡大版で浄橋寺文書の調査にも

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

調査団 生瀬調査チーム・140702・生瀬皇太神社

西宮市立郷土資料館による生瀬地区の文化財の再調査。 歴史調査団石造物班の拡大版で生瀬皇太神社の調査に

北摂一の軍師 田近新次郎

西宮市立北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」の展示に関連して、 「第

【中止】令和元年度西宮歴史調査団活動報告会

新型コロナウィルス感染症の国内での感染発生に伴い、 西宮歴史調査団2019年度活動報告会は中止となり