*

ホンモノにふれる―速報!発掘調査からわかった西宮―

      2017/08/19

第33回親と子の郷土史講座で、西宮市立郷土資料館学芸員の山田さんが講師の
ホンモノにふれる―速報!発掘調査からわかった西宮―  を勉強しました。
<平成29年8月18日(金) 10:30~12:00>
ふだんはガラスケース越しにしか見ることのできない本物をより近く見てほしいと
企画された内容で、今回は考古資料について学びます。

遺跡とは昔の人が生活していた痕跡が地中から見つかった場所のことです。
それを見つける発掘調査は、建物を建てるなどで地面を掘り返す工事をして
遺跡を壊してしまう前に記録を残しておくために調査するというケースが多く、
西宮には107ヶ所の遺跡が分かっています。
はじめは重機で一気に掘り進めることもあるけれど遺跡がある地層が近くなると
慎重に丁寧に作業します、と道具などの説明の後いよいよホンモノを見ます。

 
津門大塚町遺跡(アサヒビール工場跡)からは奈良時代の瓦や平安時代の緑釉陶器
など貴族や役人など上流階級の人しか使うことのなかった高級品が出土しています。
夙川近くの高塚1号墳出土の複数の提瓶(ていへい・水筒のような壷形の土器)は
少しずつ形が違い、時代による形式の変遷を見ることができます。
高畑町遺跡(阪急西宮ガーデンズ)からは木製品がたくさん出土していて、その中の
奈良時代の井戸をモデルに四分の一サイズにした組立パズルにも挑戦しました。

西宮は近代になって早くから発展して開発されたのでよく調べないままに壊されて
しまった遺跡も多いのではないかと考えられるそうです。
でも地面の下の事なので見えなくてよくわからないだけで、もしかしたら日々
暮らしている私たちの足元にはまだ大きな発見が眠っているのかもしれませんね。

 

—————————————————————-
親と子の郷土史講座とは、西宮市立郷土資料館の開館当初から毎年夏に
開かれていて、小学校5、6年生と保護者を対象にした 郷土史の講座で、
西宮市内の小学校の先生方が講師をされます。
http://www.nishi.or.jp/print/0004297400040004800699.html

 

 -親と子の郷土史講座, , , ,

  関連記事

西宮の街道

第32回親と子の郷土史講座では 西宮の街道 を学ぶということで 上ヶ原小学校の西本先生と南甲子園小学

通行手形をつくろう

第30回親と子の郷土史講座の 通行手形をつくろう は郷土資料館の学芸員が先生でした。 <平成2

西宮の傀儡師について

第29回親と子の郷土史講座  平成25年8月17日(土) 13:00~14:30 西宮の傀儡師につい

古代体験~縄文ポシェットを作ろう~

第29回親と子の郷土史講座の 古代体験~縄文ポシェットを作ろう~ は 上甲子園小学校の村田先生と甲東

和綴じ本を作って和本を知ろう

第30回親と子の郷土史講座の 和綴じ本を作って和本を知ろう は甲東小学校の西岡先生と上甲子園小学校の

親と子の郷土史講座

親と子の郷土史講座とは、西宮市立郷土資料館の開館当初から毎年夏に 開かれている小学校5、6年生と保護

阪神・阪急と西宮の発展

親と子の郷土史講座とは、西宮市立郷土資料館の開館当初から毎年夏に 開かれていて、小学校5、6年生と保

西宮の北部地域を知ろう

第30回親と子の郷土史講座で西宮北部地域について知ろうということで 西宮のもう一つの顔 山口町の今昔

江戸時代のくらしを読み解く ~体験!和紙七変化~

第32回親と子の郷土史講座で、西宮市立郷土資料館学芸員から教わる講座は 江戸時代のくらしを読み解く~

古代体験~前方後円墳の模型を作ろう~

第29回 親と子の郷土史講座 古代体験~前方後円墳の模型を作ろう~ は 郷土資料館の学芸員が講師とな