*

調査団 竜吐水班・160117・生瀬浄橋寺

   

毎年1月26日の文化財防火デーの頃にお寺などで防火訓練が行われています。
今年は竜吐水を調査している関係でこういったことも見学しておこうとなり
生瀬の浄橋寺での防火訓練を見に行きました。

消防団生瀬分団と北消防署の消防車が出たり、地元の人の浄橋寺自衛消防隊も
参加して、万が一火事になった時に備えて放水訓練を行いました。

CIMG6892x CIMG6896sx CIMG6905sx CIMG6909x CIMG6917x

そのあと、本堂の軒先に吊るされている竜吐水について調査をしました。
明治15年に作られて村で持っていたものを昭和41年にお寺に寄付されたと
いうことが側面に書かれていました。

CIMG6924x
なんで使わなくなったときにこんな重いものを吊るすんだろうという話に
なりましたが、お城の屋根の上にチャチホコが乗っているように火除けの
おまじないなのかも、というのが私が今のところ納得している考え方です。

 

-活動日2016.1.17.(日)  団員5名+学芸員1名-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・191009・鳴尾東分団

鳴尾東分団の調査に伺いました。 法被や団旗や昔の集合写真などを調査させていただきました。昔は火の見や

調査団 竜吐水班・160328・調査用メモ

竜吐水調査の一年目が終わりますが、消防分団などに調査に行った時に 私がちゃんとした名前を知らなかった

西宮歴史調査団

西宮歴史調査団は、指定や登録はされてはないけれど市内の身近なところに残っている大切な歴史資料文化財を

調査団 竜吐水班・龍骨車師

「リウコシヤ」を調べていて、竜骨車を作る職人の資料を見つけました。 国立国会図書館デジタルコレクショ

調査団 竜吐水班・草双紙の火の見櫓

火事がないか見張るための施設「火の見櫓」はかなり立派に描かれています。馬喰町の図の火の見櫓は実際にこ

調査団 竜吐水班・160308・山口地区消防分団

竜吐水班二回目の消防分団調査は山口地区へ行きました。 船坂分団の火の見櫓には今も半鐘が吊り下げられて

調査団 竜吐水班・180414・消防ポンプ調査

今年度も西宮歴史調査団の活動がスタートしました。 5人の新加入メンバーと一緒に楽しく調査活動が出来た

調査団 竜吐水班・150614・活動開始

今年度から、竜吐水(りゅうどすい)班がスタートしました。 まずは担当学芸員からメンバー募集の案内を兼

調査団 竜吐水班・江戸丁々火用心道具品数附

『江戸丁々火用心道具品数附』という資料、縦35cm横70cm程の大きな紙にぎっしりと書かれている中か

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団