*

高畑町遺跡展(1)

      2014/09/09

第38回特集展示 「高畑町遺跡展(1) ~古墳時代から鎌倉時代の木製品~
2012年4月24日(火)~7月15日(日)  西宮市立郷土資料館

6月20日(水)に歴史講座「西宮の古代氏族」がありましたが聴講出来ませんでしたので
展示の様子を簡単にご紹介します。


高畑町遺跡は西宮北口の阪急西宮ガーデンズ辺りにある遺跡で、再開発に伴って
何年にもわたって何度かの発掘調査が行われ、古墳時代から室町時代までの
長い期間の遺構が確認されたそうです。

西宮市立郷土資料館

井戸枠  木簡

高畑町遺跡から出土したものは、木簡・斎串・木錘・曲物・田下駄・腰掛形木製品などの
木製品のほか、和同開珎、古瓦、墨書土器、須恵器のすずりなど珍しいものがあります。
また、桶で枠を作ってある奈良時代の立派な井戸などもあり、これらをあわせて考えると
古代官衙(こだいかんが・役所のこと)があった可能性もあるそうですが、建物跡が
発見されていないので確定は出来ないそうです。

 -歴史講座・現地見学会など,

  関連記事

高塚1号墳現地説明会

夙川西側の高塚町にある小山に開発事業(70戸ほどのマンション建設らしい)が あるために古墳の発掘調査

西宮の後期・終末期古墳

2014年2月19日(水)の歴史講座「西宮の後期・終末期古墳」を聴講した 感想ご紹介します。

広田・名次山の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの5回目が開催さ

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

西宮の講

西宮の講

第27回特別展示 「西宮の講-つどいの民俗-」 2011年7月17日(日)~8月31日(水)  西宮

尼崎城門の通行手形

2014年8月6日(水)の歴史講座 「尼崎城門の通行手形―岡本家文書でみる「御門通札」の発行と変遷―

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

老松古墳現地説明会

2012年6月3日、苦楽園にある西宮市指定史跡「老松古墳」の史蹟整備が完了したことに ともなう現地説

江戸時代の水争い―上ヶ原用水・北郷用水・百間樋―

指定文化財公開展 「上ヶ原用水路」 2012年10月2日(火)~2012年11月25日(日)  西宮