*

尼崎城門の通行手形

      2014/09/09

2014年8月6日(水)の歴史講座
「尼崎城門の通行手形―岡本家文書でみる「御門通札」の発行と変遷―」
同日開催の特別講演会「大庄屋と村~古文書から読み解く地域社会~」
を聴講した感想ご紹介します。

2014.8.6. 2014.8.6.

これは第30回特別展示「西宮の古文書 -岡本家文書の世界- 」に関連した 講座で、
まずは郷土資料館の衛藤学芸員が講師でした。

岡本家文書とは、昭和54年に西宮市重要有形文化財に指定された文書群で、
尼崎藩の大庄屋(おおじょうや・複数の村をまとめる村役人)を勤めた上瓦林村の
岡本家に伝わる江戸時代の史料です。
その史料の一つで、今回たくさん展示されている「御門通札(ごもんとおりふだ)」
と呼ばれる木札について、古文書からわかることについて紹介されました。

尼崎城に出入りするための通行証として発行されたものは、江戸時代の初めころは
郡代(藩の役人)が発行した火事人足用の臨時のものがあり、他に「夜行札」
「御厩通札」「御城内屎取札」など目的別のものが数も限られて発行されたと
いうことは古文書の記録からわかるのですが、札そのものが残っていないので、
表書きが目的ごとに違ったのか、素材が木札か紙札かなどはわかっていません。

江戸時代中ごろになると大庄屋が各村へ発行するようになり、各戸に1~2枚ずつ
発行され800枚余りも発行した記録があり、表書きが「御門通札」という木札が
たくさん残されています(上左写真・許可を得て撮影しました)。
掃除役や馬の世話係などで多くの村民が尼崎城内に出入りしていたようです。

これらの札は使用する際にはひもを通して腰にぶら下げていて、すると紛失する
こともあったようで、そのたびに拾われて悪用されないように、村にある残りの札に
新たに確認印を追加して更新するなど管理には十分気を使っていたそうです。

こういったことは札の現物だけ見ても分からず古文書の記録を調査することで
分かってくるのですが、数万点もの膨大な史料が残されているのでまだ調査が
及んでいないものもあり、これからまだ新しい発見があるかもしれないそうです。

2014.8.6.

引き続き関西学院大学教授の志村洋氏による講座で、地域自治の研究からみた
大庄屋というものについての話を聞きました。
藩の役人と一般村役人との間に置かれた役職で大半が世襲だったそうですが、
大名主・大肝煎・割元など地域によりいろいろな呼び方があり、その職務や
管轄村数などもその地域により大きな違いがあるそうです。

岡本家文書は次の世代の参考になるようにと大庄屋の仕事についてこまごまと記録し、
他に上瓦林村のことや家業のことや日常の出来事などの様々な内容があるそうです。
古くから菜種や木綿栽培の商業的農業経営の資料として注目されていたそうですが、
他にもいろいろな角度からの研究にも役立つのはまとまって残されているからです。
でもそれは尼崎藩内の一事例にすぎないとも言え、もし家に古文書が残されていると
いうのであれば、量に関わらずこの世に一点しかないかけがえのない史料だから
管理に困って処分してしまうことのないようにしてくださいとのことでした。

 

第30回特別展示「西宮の古文書―岡本家文書の世界―」
2014年7月19日(土)~8月31日(日) 西宮市立郷土資料館
担当学芸員による展示解説
8月9日(土)、8月16日(土) 10:00~11:00  郷土資料館展示室  申込不要

 

 -歴史講座・現地見学会など,

  関連記事

西宮発掘調査速報

2014年4月23日(水)の歴史講座 「西宮発掘調査速報―発掘調査からみた西宮地域史の課題―」 を聴

具足塚古墳現地解説会

具足塚(ぐそくづか)古墳が西宮市史跡に指定され、現地見学会がありました。 場所は広田神社前バス停すぐ

旧山本家住宅

調査団活動で結善町にある国登録有形文化財の旧山本家住宅を見学に行きました。 登録文化財というのは、国

兵庫県下のだんじりあれこれ

特別講演会「兵庫県下の曳山・だんじり・屋台あれこれ」  2012年8月18日(土) を聴講しての感想

郷土資料館

巡礼と石仏

第35回特集展示 「巡礼と石仏―甲山八十八ヶ所―」 2011年9月10日(土)~10月30日(日) 

西宮の民俗芸能

第37回特集展示 「西宮の民俗芸能―獅子神楽―」 2012年1月31日(火)~2012年4月1日(日

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

西宮の石造物

2013年10月16日(水)の歴史講座 「西宮の石造物-西宮歴史調査団の 活動からわかった新たな歴史

大庄屋の生活

第39回特集展示 「瓦林の大庄屋 岡本宇兵衛」 2013年4月2日(火)~5月12日(日)  西宮市

震災から20年を迎えて

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での 振り返りの企画が見られますが