*

西宮神社の石灯籠に誘われて

      2014/11/17

市民が語る「西宮いまむかし物語」@にしきた 第2弾
「西宮神社の石灯籠に誘われて ~私が千葉まで旅した“わけ”~」
2014年11月14日(金)に北口図書館でありました。

実はこの講座の講師は西宮歴史調査団の石造物班の団員の衣笠さん。
西宮神社調査でたまたま担当した場所にあった灯籠に「上総国蓮沼村」の
寄進者がいたことが気になり、千葉まで行ってきたというお話しでした。

下の写真が西宮神社にあるその灯籠で、元禄2(1689)年に寄進されています。
上総国の人ですが善塔や乙馬など西宮でよく見る名前が刻まれています。

141113CIMG9063rx 141113CIMG9065rx
上総国蓮沼村は今は千葉県山武市にあたり、そこの五所神社(祭神は天照大神)
にある灯籠は、阪神間では見かけない竿や火袋がぷっくり丸みのある形のもの
でしたが(下右写真)、貞享3(1686)年に寄進されたもので、西宮神社の灯籠に
あるのと同じ名前やよく似た名前が刻まれているということでした。

s141114CIMG9075 s141114CIMG9080
141114CIMG9085rr
江戸時代はじめころ、大坂佃の漁民が江戸に出て定住して佃島という地名が
出来たという話は有名ですが、同じように西宮の漁民も関東方面に出て行って
交流したり定住したりしてたようです。
そして地元の神社も信仰して、故郷の海の神様のえべっさんへの信仰も深めて、
灯籠を奉納したのでしょうか。

 

調査団として地元の石造物調査をすることそのものもおもしろいけれど、
そこからさらに気になったことを独自に調べてみるのもたのしいですと
おっしゃってましたが、千葉まで行ってしまうなんてすごい行動力ですね。

 -歴史講座・現地見学会など, 石造物班,

  関連記事

西宮の横穴式石室について

2016年12月20日(水)の歴史講座「西宮の横穴式石室について」を聴講した 感想ご紹介します。 講

調査団 石造物班・130322・A道路地区

屋外での調査もすこし過ごしやすくなってきました。 Related Posts:調査団 石造物班・16

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

広田・名次山の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの5回目が開催さ

西宮市立郷土資料館

高畑町遺跡展(1)

第38回特集展示 「高畑町遺跡展(1) ~古墳時代から鎌倉時代の木製品~」 2012年4月24日(火

「西宮神社の石造物」展の準備

今年度初めから、石造物班関連のお手伝いをしていました。 秋に歴史調査団の活動紹介展示として西宮神社の

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―

2014年12月17日(水)の歴史講座「西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―」 を聴講した感想ご紹介し

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度