*

西宮神社の石灯籠に誘われて

      2014/11/17

市民が語る「西宮いまむかし物語」@にしきた 第2弾
「西宮神社の石灯籠に誘われて ~私が千葉まで旅した“わけ”~」
2014年11月14日(金)に北口図書館でありました。

実はこの講座の講師は西宮歴史調査団の石造物班の団員の衣笠さん。
西宮神社調査でたまたま担当した場所にあった灯籠に「上総国蓮沼村」の
寄進者がいたことが気になり、千葉まで行ってきたというお話しでした。

下の写真が西宮神社にあるその灯籠で、元禄2(1689)年に寄進されています。
上総国の人ですが善塔や乙馬など西宮でよく見る名前が刻まれています。

141113CIMG9063rx 141113CIMG9065rx
上総国蓮沼村は今は千葉県山武市にあたり、そこの五所神社(祭神は天照大神)
にある灯籠は、阪神間では見かけない竿や火袋がぷっくり丸みのある形のもの
でしたが(下右写真)、貞享3(1686)年に寄進されたもので、西宮神社の灯籠に
あるのと同じ名前やよく似た名前が刻まれているということでした。

s141114CIMG9075 s141114CIMG9080
141114CIMG9085rr
江戸時代はじめころ、大坂佃の漁民が江戸に出て定住して佃島という地名が
出来たという話は有名ですが、同じように西宮の漁民も関東方面に出て行って
交流したり定住したりしてたようです。
そして地元の神社も信仰して、故郷の海の神様のえべっさんへの信仰も深めて、
灯籠を奉納したのでしょうか。

 

調査団として地元の石造物調査をすることそのものもおもしろいけれど、
そこからさらに気になったことを独自に調べてみるのもたのしいですと
おっしゃってましたが、千葉まで行ってしまうなんてすごい行動力ですね。

 -歴史講座・現地見学会など, 石造物班,

  関連記事

旧山本家住宅

調査団活動で結善町にある国登録有形文化財の旧山本家住宅を見学に行きました。 登録文化財というのは、国

調査団 石造物班・130510・A道路地区

西宮神社石造物調査のA道路地区の調査活動に行ってきました。 おととしまで私も石造物班に参加していた時

高塚1号墳現地説明会

夙川西側の高塚町にある小山に開発事業(70戸ほどのマンション建設らしい)が あるために古墳の発掘調査

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

八十塚古墳群の時代展 現地見学会

8月4日(土)にあった郷土資料館の特別展示に関連の現地見学会に行ってきました。 危険な暑さを記録する

西宮の後期・終末期古墳

2014年2月19日(水)の歴史講座「西宮の後期・終末期古墳」を聴講した 感想ご紹介します。

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

2012.7.9.

調査団 石造物班・120709・B松林地区

梅雨の晴れ間のいいお天気でしたが、ちょっと大変なことになってました! Related Posts:調

西宮の前方後円墳

第29回特別展示 「西宮の前方後円墳 -津門稲荷山古墳をさぐる-」 2013年7月30日(火)~9月