*

西宮発掘調査速報

      2014/09/09

2014年4月23日(水)の歴史講座
「西宮発掘調査速報―発掘調査からみた西宮地域史の課題―」
を聴講した感想ご紹介します。

2014.4.23.

発掘調査はその場所を調べたいからというよりは工事などで壊してしまうから
その前に調べておくという状況で行われ、西宮でこの2年で発掘調査したのは
6件になるそうです。
それらの資料を基にした研究はまだまだこれからなので、どんな感じで調査を
しているのかや苦労話などを紹介する内容でした。

2014.4.23. 2014.4.23.

西宮神社社頭遺跡 調査地の半分ほどが砂地で水がどんどん湧いてきて
掘り下げた壁面が崩れてきて危険なので調査が進められない部分も。

津門稲荷町遺跡 西宮では初めての墨書土器(平安時代)が出土。
直径15cmほどの須恵器の皿の破片の底に ○○○ のような墨書があるが
この破片だけでは何を現しているか不明(写真下右)。

津門大箇町遺跡 柱穴などの遺構は検出されず、田畑であったあとが認められる。

越水山遺跡・越水城跡 いろんな時代の遺物が出土したが、後世にかく乱された
土砂の中から見つかったので、詳細は不明。

高木西町遺跡 弥生時代前期の遺構を確認。これは北口町遺跡(現アクタ西宮)や
甲風園遺跡と同時代なのでひとつの同じ大きな集落だった可能性もあり。
平成25年8月の調査期間に集中豪雨があり、雨水がたまって調査できなくなる
というアクシデントも。

高畑町遺跡(第8次調査) 第5次調査(現西宮ガーデンズ)と同じく古墳時代の
建物跡が見つかり、同じ集落の範囲かとおもわれる。
西側の高松町遺跡(現芸術文化センター)は同時代田畑であり、少しでも
土地の高い高畑町あたりに住居を構えたらしい。

2014.4.23. 2014.4.23.

スライドを見ながら話を聞いた後、実際に出土した各遺跡の遺物を見ながら
いろいろな説明を聞きました。

 

 -歴史講座・現地見学会など, ,

  関連記事

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

西宮の民俗芸能

第37回特集展示 「西宮の民俗芸能―獅子神楽―」 2012年1月31日(火)~2012年4月1日(日

大庄屋の生活

第39回特集展示 「瓦林の大庄屋 岡本宇兵衛」 2013年4月2日(火)~5月12日(日)  西宮市

西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―

2014年12月17日(水)の歴史講座「西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―」 を聴講した感想ご紹介し

震災から20年を迎えて

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での 振り返りの企画が見られますが

名塩のだんじり小屋

名塩のそう広くない地域ですが7町が持っているだんじり庫を見学に行きました。 次々と案内してもらいあれ

西宮神社の石灯籠に誘われて

市民が語る「西宮いまむかし物語」@にしきた 第2弾 「西宮神社の石灯籠に誘われて ~私が千葉まで旅し

尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験

2015年6月10日(水)の歴史講座 「尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験」 を聴講した感想ご紹介します。