西宮流へ戻る

旧山本家住宅

調査団活動で結善町にある国登録有形文化財の旧山本家住宅を見学に行きました。
登録文化財というのは、国などから文化財に指定されるほどの重要性は今はまだ
認められていないけれど、その地域や歴史にとって大切な文化財ですということを
所有者が国に申請し登録して保存と活用に取り組もうというもので、大まかにいうと
明治時代~築50年以上になる建造物が対象になります。

2013.10.12.

昭和13(1938)年に近藤寿一朗氏が岡田孝男氏に設計を依頼したこの住宅は外見は
瓦屋根の印象が強く一見和風の建物ですが、中に入るとモダンな洋室や
ステンドグラスの窓もあるし、階段や窓の手すりが洋風のデザインです。
また設計者の岡田氏が茶室の研究家だったこともあってか、庭の茶室のほか
天井が網代編になっている茶室のような和室もあり、興味深いです。

2013.10.12. 山本家 2013.10.12. 山本家

五人目の所有者の山本清氏の遺言により、文化振興のため美術品コレクションと
ともに住宅の公開をするようになり、山本清記念財団が設立されました。
平成19(2007)年には建築当初の姿をよく留める住宅建築として国登録有形文化財
に登録、平成22(2010)年にはひょうごの近代建築100選に選定、平成23(2011)年
には西宮市都市景観形成建築物に指定されています。

2013.10.12. 山本家 2013.10.12. 山本家

郷土資料館の展示で近代住宅建築のパネル展がありますのでこちらもどうぞ。

指定文化財公開展「西宮の指定・登録文化財~近代の住宅建築」
2013年10月29日(火)~11月24日(日)
午前10時~午後5時(入館は4時半まで)月曜休館

ギャラリートーク 11月2日(土) 午後2時~2時30分 郷土資料館
近代の住宅建築を見に行こう 11月8日(金) 午後2時~4時 浜甲子園健康住宅
親子で文化財の家をつくろう 11月17日(日) 午前10時~12時 郷土資料館

詳細はこちら http://www.nishi.or.jp/contents/00020911000400048.html

 

タイトルとURLをコピーしました