*

祝・入館者百万人!

   

今日午後からは西宮歴史調査団の古文書班で郷土資料館へ行きましたが、
午前中に入館者100万人記念のセレモニーがあったと教えてもらいました。


2013.3.27.  2013.3.27.
                                     (写真は郷土資料館提供)

今日たまたま伊丹市から来られた親子が100万人目ということで、名塩雁皮紙を
使用した認定証を西宮市長から手渡され、お祝いにかけつけたみやたんからも
プレゼントをもらったようです。

昭和60(1985)年7月に開館した西宮市立郷土資料館が28年かかって100万人と
いうのは早いのか遅いのかピンとこないのですが、周りで聞いてみても「名塩和紙の
職人さんの人形が怖かった」という声がちらほらあるように(笑)、市内の小学生は
地元の歴史を勉強するために必ず一度は来る場所ですよね。

常設展メインだとそうしょっちゅう行くこともないかもしれませんが、また行きたいと
思えるような身近で興味深い資料館になるといいですね。

.
西宮市立郷土資料館
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -西宮市立郷土資料館

  関連記事

ひょうごミュージアムフェア2014

西宮市立郷土資料館が「ひょうごミュージアムフェア2014」に参加しました。

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

日本遺産認定の下り酒

日本遺産とは文化庁では、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

慶長十年摂津国絵図

指定文化財公開&特集展示「国絵図・町絵図・村絵図」展が始まりました。まず初めは、貴重な資料の

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―

2016年10月19日(水)の歴史講座「生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―」 を聴講した感想ご紹介

高畑町遺跡出土木製品 学芸員解説

西宮市立郷土資料館で開催中の指定文化財公開展は、昨年2014年に指定された 「高畑町遺跡出土木製品」

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度