西宮流へ戻る

調査団 古文書班・ハンコの枠線

以前、毎月の印を押す所には枠が空押しされていると紹介しました。
ふつう梯子状に押印欄が作られているのですが、そうでないものが見つかりました。

この面いっぱいにハンコに関係のない部分にまでしっかり横線が引かれています。
縦線はかなり薄い状態です。

文字を書いた時に横線のへこみに墨が入っていない部分があるので(赤矢印部分)、
このページはヘラなどで横線を引いた用紙に文字を書いたと思われます。
ただこの一例だけでは、書き込む・押印欄の枠線をつける・冊子に綴るの
作業手順の解明というわけにはいかないですね。

-新型コロナウイルスの感染拡大防止のため活動休止中 (210324) -

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました