*

調査団 古文書班・120523・翻刻スタート

      2014/09/06

西宮歴史調査団の古文書班はいよいよ翻刻に挑戦です!

まず始めに基本的な約束事を聞いたあと、いよいよノートに書き込みます。
初めて古文書を読むと言う方がほとんどなので、「読めない~」の大合唱(笑)

s-120523CIMG8309 

ただ、難しいところを学芸員さんに教えてもらいながら読み進めていくと、数人の方が
取り組んでいる冊子が同じ内容の年度違いのものだということが分かってきて、
「○○の××さんの息子の名前が読めないんだけど読める冊子ありますか?」とか
「××さんの年齢が読めないのだけれど」「私のやってる□□3年では36歳になってますよ」
「じゃあこれは□□8年だから41歳って書いてあるってことなのかなぁ」などなど
一気に活気付き、みんなで力をあわせて少しずつ解読していきました。

           -活動日2012.5.23.(水) 団員7名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・130123・神戸の旦那寺

西宮町借家在住者の旦那寺は神戸方面にもありました。

調査団 古文書班・151112・水帳絵図

先日「水帳(みずちょう)絵図」などの史料を学芸員さんが調査撮影している 様子を見学させてもらいました

調査団 古文書班・130313・借地帳

二冊目は借地人の帳面を担当しました。 基本的な内容は今まで取り組んでいた借家人の帳面と同じです。

くずし字にふれる~身近な変体かな~

西宮市立北口図書館との共催で北口図書館において郷土資料展示&ブックフェア 「岡本宇兵衛の大庄

調査団 古文書班・140606・神戸の旦那寺

現在調査担当しているなかに、新しい旦那寺が出てきました。 一向宗兵庫津西光寺です。

調査団 古文書班・160211・女性の名前

前の古文書班の記事で紹介した人ですが、「ゆか」さんです。 まず見たものは変体仮名の「遊可」と書かれて

調査団 古文書班・150821・養子

宗門帳には、人物が移動した場合には理由が書かれている場合があります。 小さい字だし、翌年度に新しい冊

調査団 古文書班・131015・右か左か

筆文字の崩し字は楷書では似てなくてもよく似ている文字などもありますが、 もともと似ている文字はさらに

調査団 古文書班・160427・壁新聞

郷土資料館の展示室前の壁面に歴史調査団紹介をいろいろ貼っています。 定番の各班の活動内容の紹介のほか

調査団 古文書班・150826・縁付

結婚に関する移動も注記事項に書かれています。 また、ここに挙げているのは養子ですが離婚となって実家に