*

めぐみ廣田の大田植

      2012/05/28

5月の最終日曜日は広田神社のお田植え祭です。
本殿前での神事のあと、行列を連ねて神饌田へ向かい田植えをしました。


 

 

  

広田神社には兵庫県で唯一、500年以上の歴史を有するお田植え行事が伝わって
いましたが、残念ながら昭和36年を最後に途絶えておりました。
平成元年に広田地区の地域団体が中心となり復興をいたしたのですが、平成7年1月の
阪神大震災により中止のやむなきへ至りました。
平成11年に広田・大社・安井各地区の自治会・民生児童委員協議会・社会福祉協議会・
青少年愛護協議会・子供会・婦人会などと廣田神社氏子総代会が協力し、お田植祭の
伝統を踏まえて地域協働行事「めぐみ廣田の大田植」として田植え行事を再復興させました。
                              <御田植祭会場で配布の資料より抜粋>

早乙女は中学生8人、田童は小学生8人が近隣の学校から選ばれて参加しているそうです。
腰をかがめての昔ながらの手作業による田植えは大変でしょうね。

9月頃に刈り取りの神事があり、そのあと11月23日の新嘗祭が済んでからやっとこの新米を
神前への日々のお供えに用いることが出来るのだそうです。
暑さに負けず、すくすくと立派に育ってほしいですね。

 -歳時・伝統行事,

  関連記事

公智神社の秋祭り

夏にだんじりの見学に行った公智神社の秋祭りは今年2012年は10月7日です。 まつりの様子については

2012.7.8.

福應神社の夏祭

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。 それに関連して祭りやだんじりを

岡太神社の一時上臈

公開インタビュー「岡太神社宮司に聞く」2014年11月30日(日)という講座が 鳴尾図書館であったの

名塩八幡神社の秋祭り

夏にだんじり小屋を見学に行った名塩の八幡神社の秋祭りに行ってきました!   夏に開催されただんじり小

2012.6.14.

西宮神社おこしや祭

6月14日はえべっさんが西宮神社へやって来られたという日だそうです。 現在のお祭りでは、西宮神社本殿

西宮神社の逆さ門松

正月の西宮神社の拝殿前に「逆さ門松」というちょっと変わった門松が作られます。 松の枝が下を向いている

菰冠りと焼印

白鹿記念酒造博物館で「菰冠りと焼印」という特別講演会を聞いてきました。 (2016年3月19日) 焼

文化財防火デーの消防訓練

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である 法隆寺(奈良県斑

白鹿の酒林の付け替え

新酒が出来た印として酒屋の軒先につりさげられたという「酒林(さかばやし)」。 白鹿(辰馬本家酒造)の

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、