*

平成最後の城、尼崎城

      2019/03/04

阪神尼崎駅の南に出来る尼崎城が、いよいよ2019年3月29日(金)に一般公開されます。
尼崎市HP http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/shisei/sogo_annai/shiro/1015591.html
その前に3月2日(土)に開明庁舎で行われた、勝手に「城」まつりへ行った様子を紹介します。

(写真左から2017年9月、2018年6月、2019年3月2日)

尼崎市地域研究史料館による講座の「これだけは知っておきたい尼崎城の基礎知識」で
尼崎城の成り立ちや歴代藩主の話や城下町のことなど、初歩的なことから話を聞きました。

ほかに「甦る尼崎の槍術~本心鏡智流~」という講座も聞き、今は途絶えた槍の流派を
復活させようと尼崎藩の古文書を研究しているという石川さんの話を聞きました。
はじめて槍の動きの実演を見たのもおもしろく、尼崎市章は槍の形がベースになっている
という話も興味深かったです。
みんなの尼崎大学 https://www.amanokuni.jp/ucma/campuslife/entry-418.html

また、育成調理師専門学校による高校生カフェもなかなか充実していて、尼崎銘菓と
言われていたけれど今はまぼろしの「らんきん」復活プロジェクトも紹介されていました。
オランダのケーキという意味の「蘭菓子(ランケーキ)」に由来した名前らしいのですが
詳細不明で、学生が新しい尼崎土産にといろいろ資料を研究して「らん菓子」など
作り出しているそうです。
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/blog/blog.cgi?n=2069
 
西宮は尼崎藩の領地だった時期もあるのでもう少しちゃんと知れば調査活動にも何か
役に立つこともあるかと思うので、尼崎城の展示施設がオープンしたら一度は見学に
行ってみようと思っています。

 -近隣地域でいろいろ

  関連記事

ふすまから出てきた歴史

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加していますが、 それに関連した歴史講座が

親王寺の屏風下張り文書はがし作業

去年からお手伝いさせていただいていた芦屋の親王寺さんの屏風解体調査ですが すべて終わってはいませんが

市民と共にあゆむ博物館

尼崎でシンポジウム「市民と共にあゆむ博物館」が開催されました。博物館と市民ボランティアのかかわりをテ

屏風の下張り文書からのぞく三田藩九鬼家のすがた

3年ほど前から尼崎市立地域研究史料館のふすまの下張り文書はがし作業に参加しているところからつながって

ふすまの下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加してきました。 今回も琴秋閣(きんしゅう

ふすまの下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加してきました。 http://www.a

古代体験フェスティバル2015

兵庫県立考古博物館の古代体験フェスティバル2015に行ってきました。 隣の広場では大中遺跡まつりもあ

親王寺の屏風下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加している 関係から、芦屋の親王寺の屏風解

銅鐸鋳造実験を見学

昨年淡路で見つかった松帆銅鐸を兵庫県立考古博物館で展示をしているのに 合わせて、兵庫県立相生産業高等

ふすまの下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に3回目の参加です。 今回も琴秋閣(きんしゅう