*

具足塚古墳現地解説会

   

具足塚(ぐそくづか)古墳が西宮市史跡に指定され、現地見学会がありました。
場所は広田神社前バス停すぐ新池の東にあるこんもりした茂みの中です。

江戸時代の書物にも記載があり古墳があることは知られていたようですが、
私有地だったこともあり近代的な調査が行われたのは昭和49(1974)年で、
そのとき土器や鉄の刀や玉類が多く出土したので、かなり力のあった人物が
埋葬されていたのではないかと思われるそうです。
出土品の一部は郷土資料館に展示されています。


関学の方から続く上ヶ原台地の西南端に当たる場所になるそうで、今は
木や草が茂っていましたが、見晴らしの良い小高い場所にあるというのは
関学や仁川の古墳と似ているんだなと思いました。
また現在は盛土の一部がなくなって横穴式石室の石材が露出しているので
石材の大きさがよくわかり、昔の人は重機もないのにこれだけのものを
(たぶん甲山あたりから?)よく運んだなとびっくりしました。

今後は史跡公園などに整備されるかもしれませんが今は一般公開されて
いませんので、関心のある方は郷土資料館へお問い合わせください。

 

 -歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館

  関連記事

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

名塩のだんじり小屋

名塩のそう広くない地域ですが7町が持っているだんじり庫を見学に行きました。 次々と案内してもらいあれ

西宮の食習

2月20日(水)の歴史講座「西宮の食習」を聴講した感想ご紹介します。

西宮市立郷土資料館

高畑町遺跡展(1)

第38回特集展示 「高畑町遺跡展(1) ~古墳時代から鎌倉時代の木製品~」 2012年4月24日(火

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

江戸時代の水争い―上ヶ原用水・北郷用水・百間樋―

指定文化財公開展 「上ヶ原用水路」 2012年10月2日(火)~2012年11月25日(日)  西宮

西宮の講

西宮の講

第27回特別展示 「西宮の講-つどいの民俗-」 2011年7月17日(日)~8月31日(水)  西宮