*

越水の水神社

      2017/05/16

越水浄水場の正門に向かって左側、震災記念碑公園の北側にある空地が
玉垣のような柵の段々の敷地で石段もあり、手水鉢のようなものがあるので
神社があったのかなと桜の通り抜けに行くたびちょっと気になってました。

たまたま西宮市情報公開課の方と会った時に「昔の写真に残っていませんか?」
と聞いてみたところ、丁寧にいろいろと調べていただきました。
今ちょうど越水浄水場の紹介記事が「西宮の昔の写真」にあがっています。
http://www.nishi.or.jp/contents/0004239900040004800085.html

この記事を読んだり関連の本を図書館で借りて読んでまとめてみると
・宮水を使っての酒造業が盛んだった西宮町では一般の飲料用水事情は厳しく
(宮水は飲み水には不向き)、衛生面の心配などからも上水道事業が必要と
されていたが、莫大な費用が掛かるためなかなか取り掛かれなかった
・酒造家の辰馬吉左衛門と八馬兼介の多額の寄付金によって着工可能になる
・大正12(1923)年7月24日、配水開始
・大正13(1924)年6月8日、水道竣工式典。この年に桜の記念植樹もあり
・大正14年(1925)4月、西宮市制がスタート
・昭和8年(1933)年、大社村・今津町・芝村と合併
越水浄水場の横にあった旧大社村東部水道浄水場を引き継ぎ拡張工事を進める
・昭和10(1935)年、丹後の籠神社から勧請し水神社を建てる
・平成14(2002)年、分祀した御霊をお返しして神社を閉める

と、確かに神社があったようで、上記の越水浄水場の紹介記事の最後の方の
昭和38年越水浄水場見取図には小さく赤い鳥居が見えますね。

大正昭和の出版物は旧漢字や仮名表示がカタカナだったりで読みにくいのですが、
大正12年人口約32000人の45%への給水からはじまり10年後の昭和7年には
人口約46000人の75%まで給水設備が整ったとか、家庭用水道料金の基本は
10立方メートルで今の半分だったのかと思ったり(あ、最近15立方メートルに
変わってましたね)、しっかり読めればなかなか面白いのだろうな。

 

 -むかしのはなし

  関連記事

たいしゃ公民館

伊勢神宮御料酒「白鷹」

公民館講座で廣田神社の西井宮司から広田神社の摂社末社についてのお話を 伺ったのですが、ちょっと脱線の

にしのみやえびす駅

最近聞いた講座で、電車の話がちょこちょこと出て気になったことがあるので、 とりあえず覚書程度ですが、

勝部如春斎展

大谷記念美術館で「勝部如春斎」展が始まりました。 誰もが名を知ってるというような有名な人ではないです

昌林寺

西宮歴史調査団の月例会で、JR西宮の少し南にある津門の昌林寺に 文化財見学に行きました。

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

高校野球100年・鳴尾球場

1915(大正4)年に始まった全国中等学校優勝野球大会ですが、開催地の豊中運動場は 収容人数500人

高校野球100年・豊中球場

今年2015年は高校野球がはじまって100年の年になるんですね。 今では高校野球と言えば甲子園球場で

今に残る道路元標

西宮市内に残る道路元標(どうろげんぴょう)をまとめてみました。 道路元標とは道路の基準点として各市町

銘醸地、伊丹と灘五郷

先日、『伊丹諸白』と『灘の生一本』下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷 が伊丹・尼崎・西宮・芦屋・神戸

no image

西宮モダニズム 「えき」と「まち」

鳴尾公民館講座 2014年8月11日(月)開催 西宮モダニズム 「えき」と「まち」 -なぜ駅はそこに

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です