*

調査団 古文書班・120601・嘉永三年と六年

      2014/09/06

古文書班活動、前回紹介した年度違いの冊子について一例を紹介します。 
(文字を読み間違えていることがあるかも知れないことはご了承ください)


嘉永三年(1850)                   嘉永六年(1853)
   

一向宗鳴尾村乗誓寺旦那 
           医師太刀川 惟馨
           女房      たみ
           忰       致丸

基本的な内容はこの四行ですが、嘉永三年には惟馨69歳、たみ51歳、致丸14歳ですが
嘉永六年では惟馨72歳、たみ54歳、致丸17歳となります(当然ですが)。
このとき嘉永三年では惟馨の漢字はわりと崩れているのでなかなか読めないのですが、
嘉永六年では「馨」がかなり読めますよね。

また、三年では医師と書いてありますが六年では書いていないので、単に書き漏れかも
知れませんが医者をやめたのかもしれません。

それと、一行目の下の小さい文字には、三年には「当町三砂屋 源左衛門かし家」
六年には「当町八百屋 喜兵衛かし家」となっているので大家さんが変わったのか
もしかしたら引越ししているのかもしれません。

このように似た内容の冊子をやっている人と協力しながら、翻刻に取り組んでいます。

              -活動日2012.6.1.(金) 団員10名+学芸員1名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

漢数字

調査団 古文書班・120921・漢数字

古文書を読んでいると今はあまり使わない漢字も出てきます。 実際に取り組むまではその筆頭と言えぱ漢数字

平成30年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の平成30年度の活動報告会が行われました。 団員の他、一般の方も10人近く発表を聞いて

西宮歴史調査団

西宮歴史調査団は、指定や登録はされてはないけれど市内の身近なところに残っている大切な歴史資料文化財を

調査団 古文書班・150212・土地の所有者

今調査しているのは浜東町に住んでいる人の宗旨人別帳ですが、 自分所有の土地に住んでいる人(家持)、借

調査団 古文書班・150611・芦屋の旦那寺

芦谷村という地名に悩みましたが、芦屋市西山町の安楽寺の事だと思います。 芦屋村と表記している年もある

【中止】令和元年度西宮歴史調査団活動報告会

新型コロナウィルス感染症の国内での感染発生に伴い、 西宮歴史調査団2019年度活動報告会は中止となり

調査団 古文書班・180511・浜東町確認作業

今年度古文書班に加わった2人の新人さんは、最後に残った宗門帳を ノートに書き写す作業を担当することに

調査団 古文書班・160127・人の移動

四井屋ゆかの家に「同町当舎屋久右衛門の姉ひさと祖母妙厚を辰年三月に引き取る」 と追記があって、二人の

調査団 古文書班・女性の名前(な~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめています。

調査団 古文書班・130201・尼崎の旦那寺

濱東町借家住人で武庫川の向こうの尼崎に旦那寺を持つ人も、何軒かありました。