*

調査団 古文書班・151120・判子の文字

      2015/11/26

宗門帳の調査で直接は関係ないのですが、いろいろな判子があるなと気になります。
勉強しようと思ってもなかなかこれはという文献を探し出せなくてわからないこと
だらけですが、わかることを覚書として少し記録しておきます。

判子の文字は始皇帝が作らせたという「篆書(てんしょ)体」やそれを簡略化した
「隷書(れいしょ)体」が一般的なようで、ちなみに現代の判子に使われるのは
これらをさらに近年になってデザイン化した「印相(いんそう)体」も多いようです。
はんこ祭り-篆書1   はんこ祭り-隷書1   はんこ祭り-印相1
(はんこ祭り http://www.hankomaturi.com/sample/ という印鑑店HPの
書体プレビュー機能を利用して「西宮歴史」の文字イメージを作ってみました)

 

現代の判子では印面いっぱいに文字が配置されていますが、宗門帳に見られる
ものは丸枠の中央に縦に文字を配置して左右に空白のある物もよく見ますし、
空白部分に唐草?のような飾り文様があるものもあります。
(左・左右に空白あり、中・唐草文入り?、右・松葉文入り?)
in-151007CIMG5197 in-151007CIMG5189 in-151007CIMG5200
なんだか横線がやたらと多いのは宋元時代に文字の横線を9本と定めて装飾性を
高めた「九畳篆(くじょうてん)」というもので、篆書体を崩してほとんど文字と
読めない「八方崩(はっぽうくずし)」というものもあるようです。
in-151007CIMG5213 h120615CIMG8662t
枠線の太いものや二重のもの、どう見ても図形や記号にしか見えないもの、
円に楕円に正方形に長方形にその他変形など、バラエティに富んでいます。
h120615CIMG8651t in-151007CIMG5193 in-151007CIMG5207

文字がなかなか判読できないのですが、名前や屋号とはあまり関係なさそうです。

 

-活動日2015.11.20.(金)  団員7名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。 当初の古文書班登録メンバーは確か1

漢数字

調査団 古文書班・120921・漢数字

古文書を読んでいると今はあまり使わない漢字も出てきます。 実際に取り組むまではその筆頭と言えぱ漢数字

調査団 古文書班・160106・よく似た崩し字

新春早々の調査活動日でした。 先月は都合悪く出席できなかったりしたのでほぼ一月ぶりで、なんとなく 頭

調査団 古文書班・女性の名前(あ~)

今までいろいろ見てきた中で出てきた女性の名前をまとめてみようと思います。

調査団 古文書班・130109・西宮の旦那寺

西宮歴史調査団の古文書班で私が担当した「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」を読み終わって、

調査団 古文書班・船坂の善照寺

古文書調査中、私にとってちょっと気になる地名発見。

調査団 古文書班・140204・禅真言法花旦那寺

夏から担当していた「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」の 翻刻作業が終わりました。

小山屋宗太郎

調査団 古文書班・120627・若い戸主

宗門帳を読んでいると若い戸主がいました。

調査団 古文書班・130604・備中屋利助

以前にも紹介しましたが、またまた備中屋利助さんの登場です。

調査団 古文書班・160323・年寄

年度末の最後の活動日、ちょうど一冊が終わりました。 字の読みやすさやページ数の多少などいろいろ違いは

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です