*

調査団 古文書班・140925・轟木村より

      2014/09/30

以前調査した別の年度の冊子でも見かけた轟木村からの家族に気が付きました。

といっても屋号も名前も忘れていましたが、遠くの村から一軒だけの家族なら
きっと同じ家だろうなと思い確認してみると、屋号と戸主の名前が同じで
年齢も合い、判子も同じもののように見えます。
もっとも、家族の年齢がちょっと合わないところもあるのですが、これは
またこの間の年の宗門帳を確認すればわかってくるでしょう。

嘉永3(1850)年             安政6(1859)年
.todoroki140925CIMG8011 .todoroki120912CIMG9294t

-活動日2014.9.25.(木)  団員6名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・150220・備中屋利助

以前、(榮)の判子が印象深くて他の年度でもすぐ気が付くと言っていた 備中屋利助さんちですが、他の人が

調査団 古文書班・150624・幼い戸主

今までに幼い戸主として 10才と5才を紹介しましたが、今度は2才です。 釜屋伊之助 年弐     (

調査団 古文書班・130123・神戸の旦那寺

西宮町借家在住者の旦那寺は神戸方面にもありました。

調査団 古文書班・150918・同家

人の移動に関して「同家」というものもあります。 同居人の意味合いではあるのですが、親戚なら続柄を書く

調査団 古文書班・151120・判子の文字

宗門帳の調査で直接は関係ないのですが、いろいろな判子があるなと気になります。 勉強しようと思ってもな

調査団 古文書班・140508・横長の印

ちょっと変わった横に長いハンコが出てきました。

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの 若い男性の場合は代わりに印を押す成人男

調査団 古文書班・140522・男か女か

いいお天気でしたが、今日は窓のない狭い部屋でほぼフルメンバーで 集まったら室温もあがって急に眠くなっ

調査団 古文書班・140424・三年目の活動

今年度も古文書班に登録したのでそれをメインにして紹介します。 また時々は 西宮神社で調査活動中の石造

平成29年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の一年間のまとめである活動報告会がありました。 今年度はスライドを見てもらいながら話し