ケーキハウス ツマガリ

← 前のページに

甲陽園駅からほんの少し坂を上がった場所にある洋菓子店。
1987年、アンテノール社長を退いた津曲孝氏➡︎ が甲陽園で独立開業し、ケーキハウス・ツマガリを開店。

ケーキハウス ツマガリ
季節によって綺麗に飾られる店頭は、地域の人々の楽しみにもなっている

大阪や神戸の大丸にも売り場はあるが、生菓子は甲陽園の本店のみで扱う。
開店時、みんなに反対されたという半地下の本店は、多くの人で賑わう人気店。
素材を一番大切にする社長の思いは、職人にも引き継がれ、季節の旬の味を待つ人も多い。

「甲陽園という街を、コック帽を被るパティシエが行き交う街にしたい!!」と言う社長の意向で空き店舗を工房にし、まさにコック帽のパティシエが道を行き交っている。

お菓子の名前にも地名を取り入れたり、一軒のケーキハウスが街の一部になっている。

社長の津曲孝氏は60才になった時、現代の名工にも選ばれている。
その時の記事はこちらから➡︎

ケーキハウス ツマガリのサイトはこちら➡︎

Table of Contents