*

ふすまの下張り文書はがし作業

      2017/05/16

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に3回目の参加です。
今回も琴秋閣(きんしゅうかく)という旧秋岡政次郎邸に使われていたふすまです。

全体の記録写真撮影、はがす前の状態(貼り重ねられた順序)を調査台帳に記録、
一枚ずつにはがして資料番号を付ける、などしました。
糊の付き方が紙の縁だけだったり全面だったり、使われている場所などによって
はがすのが簡単だったり破けそうになったり、なかなか大変です。

たまたま作業した所に、何かの台帳だと思うのですが西宮の人がいました。
名前の最後は「様」だと思うのですが、辞書で調べてもよくわかりませんでした。

廿九ばん 西ノ宮 藤田吉兵衛    三十二ばん 西宮 津田利平
 

関連記事
尼崎市HP「尼崎こんな歴史」ふすまの下張り(したばり)文書とはがし作業
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/sogo_annai/history/022topix/022topix13.html

『地域史研究』第114号
襖下張り文書の保全と活用-市民ボランティアとともに- 松下正和
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/contents/pdf/00114141.pdf
尼崎市立地域研究史料館の下張り文書はがし作業について 城戸八千代
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/contents/pdf/00114159.pdf

尼崎市立地域研究史料館
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/events/shitabari/
https://www.facebook.com/AmagasakiMunicipalArchives/

 

 

 -近隣地域でいろいろ

  関連記事

親王寺の屏風下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加している 関係から、芦屋の親王寺の屏風解

ふすまの下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加してきました。 今回も琴秋閣(きんしゅう

銅鐸鋳造実験を見学

昨年淡路で見つかった松帆銅鐸を兵庫県立考古博物館で展示をしているのに 合わせて、兵庫県立相生産業高等

ふすまから出てきた歴史

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加していますが、 それに関連した歴史講座が

ふすまの下張り文書はがし作業

尼崎市立地域研究史料館でのふすまの下張り文書はがし作業に参加してきました。 http://www.a

古代体験フェスティバル2015

兵庫県立考古博物館の古代体験フェスティバル2015に行ってきました。 隣の広場では大中遺跡まつりもあ