*

昌林寺

      2014/09/11

西宮歴史調査団の月例会で、JR西宮の少し南にある津門の昌林寺に
文化財見学に行きました。

2013.7.13.

ご本尊の木造阿弥陀如来立像は国指定重要文化財で、安阿弥様といわれる
鎌倉時代後半期の形式で作られています。
脇侍の勢至菩薩像と観音菩薩像は西宮市指定文化財で、こちらは作風から
室町時代前半ころの作品だと思われます。
http://www.nishi.or.jp/~kyodo/sitei/syo-amid.htm

仏像の前に金網が張られているのでお顔などちょっとわかりにくかったのですが、
側面からも見えるようになっていて、阿弥陀様のりりしいお顔や両脇侍が
いままさに歩き出そうとしているやや前のめりの姿勢などがよくわかりました。

また、木造善導大師座像(中国唐代の高僧で浄土教の開祖)も国指定重要文化財で、
作風から鎌倉時代の作とされていましたが、阪神淡路大震災で被災したので
修復したときに、元徳二(1330)年の銘があるのが見つかったそうです。http://www.nishi.or.jp/~kyodo/sitei/zendo.htm

2013.7.13. 2013.7.13.

寺伝では多田の源満仲の子の美丈丸(後の源賢)をいさめるために家来の息子の
幸寿丸が身代わりになって死んだので、改心した美丈丸が後に供養のために
昌林寺を建てたのだそうです。
また今昔物語では源満仲の殺生三昧を悲しんだ子の源賢が父をいさめて
出家させたなどの伝承もあります。

どちらにしても源氏とのつながりがあるようで、そのせいか源満仲の子で、
大江山の鬼退治をした源頼光とその四天王の供養塔や坂田金時手植えの松
(今は枯れている)などいろいろありました。

江戸時代の嘉永二(1849)年に作られた道標(下写真)にも「頼光卿御影堂」とあり、
頼光像をまつっていたものか、伝説ゆかりの寺として有名だったようです。

CIMG3081t CIMG3083t 

 

 -.活動報告, むかしのはなし, , , , ,

  関連記事

平成31年度西宮歴史調査団活動

平成31年度は2019年度でもあるけれど令和元年度と言ってもいいものか? などぼんやり考えているうち

調査団 定例会・190810・展示解説会

西宮歴史調査団の8月定例会で、開催中の「すなどりの具」の解説を聞きました。この特別展示解説会は一般に

調査団 地蔵班・調査報告書作成

西宮歴史調査団では身近にあるお地蔵様についての悉皆調査をおこなっていました。 街中をくまなく歩いてひ

越水の水神社

越水浄水場の正門に向かって左側、震災記念碑公園の北側にある空地が 玉垣のような柵の段々の敷地で石段も

西宮神社の石造物ウォーク

先月の郷土資料館の特集展示「西宮神社の石造物」に関連しての歴史調査団と歩く 歴史散策が開催されました

銘醸地、伊丹と灘五郷

先日、『伊丹諸白』と『灘の生一本』下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷 が伊丹・尼崎・西宮・芦屋・神戸

平成29年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の一年間のまとめである活動報告会がありました。 今年度はスライドを見てもらいながら話し

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

郷土資料館

巡礼と石仏

第35回特集展示 「巡礼と石仏―甲山八十八ヶ所―」 2011年9月10日(土)~10月30日(日) 

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に