*

尼崎郷土史研究会へ

      2014/09/06

先日、西宮歴史調査団の団員が学芸員と一緒に尼崎へ行ってきました。
そこで尼崎郷土史研究会の石造物学習会第五回講座「石造物の調査研究」という
講座で調査団の活動を報告してきたそうです。

130314DSC00041

尼崎郷土史研究会は50年前に発足した尼崎の歴史や文化を学んでいく集まりで
古文書講座や歴史講座や歴史散歩などを行っているそうです。

この研究会の平成24年度の対象が石造物で、西宮で甲山八十八ヶ所の報告書が
出されたのを知って、とくにその活動報告をしてほしいということだったそうです。

各地で地域の歴史を見直そうという動きが盛んになっているんですね。

 -.活動報告

  関連記事

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

甲山神呪寺八十八ヶ所巡り

神呪寺の南に四国八十八箇所を模したミニ巡礼地があるのをご存知でしょうか。

西宮歴史調査団と歩く旧西宮町

西宮市歴史調査団の現地解説会の様子を写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているのかを現場に行

郷土資料館

巡礼と石仏

第35回特集展示 「巡礼と石仏―甲山八十八ヶ所―」 2011年9月10日(土)~10月30日(日) 

西宮神社の石造物ウォーク

先月の郷土資料館の特集展示「西宮神社の石造物」に関連しての歴史調査団と歩く 歴史散策が開催されました

お地蔵さまサミット

歴史調査団の地蔵班は市内の悉皆調査を終わり報告書を発行して、調査活動は 基本的に終了していますが、先

調査団 定例会・161112・西宮の寺社建築

毎月一度、全体で集まって勉強したり打合せをする定例会で、現在展示中の 指定文化財公開展「西宮の寺社建

平成26年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある 文化財を調査して 記録に残し、その成果

平成25年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある文化財を調査して 記録に残し、その成果を

北摂一の軍師 田近新次郎

西宮市立北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」の展示に関連して、 「第