西宮流へ戻る

尼崎郷土史研究会へ

先日、西宮歴史調査団の団員が学芸員と一緒に尼崎へ行ってきました。
そこで尼崎郷土史研究会の石造物学習会第五回講座「石造物の調査研究」という
講座で調査団の活動を報告してきたそうです。

130314DSC00041

尼崎郷土史研究会は50年前に発足した尼崎の歴史や文化を学んでいく集まりで
古文書講座や歴史講座や歴史散歩などを行っているそうです。

この研究会の平成24年度の対象が石造物で、西宮で甲山八十八ヶ所の報告書が
出されたのを知って、とくにその活動報告をしてほしいということだったそうです。

各地で地域の歴史を見直そうという動きが盛んになっているんですね。

タイトルとURLをコピーしました