西宮流へ戻る

調査団 古文書班・為野藤次郎

以前、芦屋親王寺のふすまの下張りはがしの手伝いの時に見かけた資料の
「西宮札場筋南久保町 為野東二郎」に関係のあると思われる人物が
浜久保町宗門帳の調査中に出てきてびっくりしています。


「藤次郎」と「東二郎」の漢字が違うのは、江戸時代には音が同じで
違う漢字を使うことは時々ある事なのであまり気にしてはいません。
「浜久保町」は町方久保町の南にあって札場筋沿い東側にある町なので
「西宮札場筋南久保町」もだいたい同じあたりを指しているかなと。
芦屋の資料は年代不明のものもあるし内容もちゃんと読んでいないので
断定はできませんが同一人物かもと妄想中です。

3年ほど前に芦屋で見たときは、まだ浜東町の調査で手間取っていた頃
なので、浜久保町宗門帳で見つけるなんて思ってもなかったです。


-新型コロナウイルスの感染拡大予防のため自宅にて調査作業中-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました