*

調査団 古文書班・引越しました

      2014/09/06

以前ここに書いた古文書班の記事を見た古文書班のメンバーから、同じ家族が
その人の担当している冊子にも出てきていると教えてもらいました。

そういうケースは以前にも「120601・嘉永三年と六年」でご紹介しましたが、実は
今回教えてもらったのは嘉永五(1852)年の家持人の帳面で、私が担当しているのは
安政六(1859)年の借家人の帳面なのです。

120711CIMG8819k 

一向宗当所信行寺旦那
       大和屋 つる     38才  →  46才
        妹   しな     29才  → 
        伜   栄吉    17才  →  25才
        伜   種蔵    13才  → 
        娘   すて      6才  →  14才
                 (嘉永五年)   (安政六年)

  

うーん、正しくは安政6年には45才24才13才のはずなのですが、でも名前も屋号も
代判を押している人も同じなので、同じ家族ではないかと思うのですが・・・。
その点を学芸員さんに聞いてみると、10月更新の冊子なので引越しのタイミングによって
まちがって一つ歳をとってしまったのかも、と言うことでした。

まずつるさんは嘉永5年10月始まりの家持帳で38才ですが、たとえば嘉永6年4月に
引っ越すと、当時は数え年なので正月で歳をとって嘉永5年10月始まりの借家帳に
嘉永6年の4月分から39才で書き加えられます。
そして嘉永6年10月の更新時に本来はここからが39才のはずが、他の人と同様に
一斉に今までの台帳の年齢からひとつ歳をとって書き写され40才になってしまった、と
いうことが考えられるそうですが、宗門帳を順を追って確認してみないとわかりませんね。

女戸主のつるさんは商売がうまく行かなくなって家を売ったとか、妹のしなさんの
結婚の持参金を作るために家を売ったとか、妄想が暴走しています(笑)

     -古文書班は郷土資料館行事などといろいろ重なり、一ヶ月ほど夏休み中です-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・130213・大坂の旦那寺

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に書かれた旦那寺についての 紹介も最後になりますが、ち

古文書

調査団 古文書班・120822・よく似た崩し字

久しぶりの古文書班の活動でした。 「一ヶ月ぶりだとせっかく慣れてた頭がにぶってるなぁ」と苦笑いしなが

調査団 古文書班・150918・同家

人の移動に関して「同家」というものもあります。 同居人の意味合いではあるのですが、親戚なら続柄を書く

調査団 古文書班・151028・水帳絵図

西宮市立郷土資料館には江戸時代の西宮町の地図が数点あります。 そのなかに「水帳(みずちょう)絵図」と

調査団 古文書班・150709・宗門帳の内容

今年度で4年目になる古文書班に新しいメンバーも増えてきたこともあり(今日は 一番集まりがよかったかも

調査団 古文書班・190828・改名

改名をして変更のための貼紙だと判断しましたが、これも浜東町のときとは訂正の仕方が少し違っているようで

調査団 古文書班・150206・神戸の旦那寺

    新しく出てきた浄土真宗八幡村梅仙寺は、神戸市東灘区八幡町、 阪急六甲駅近くに今もあるようです

小山屋宗太郎

調査団 古文書班・120627・若い戸主

宗門帳を読んでいると若い戸主がいました。

調査団 古文書班・150514・大阪の旦那寺

摂津国嶋下郡は今の大阪府吹田市や茨木市あたりになります。 法性寺という寺は地名辞典では見つけられず、

調査団 古文書班・190626・ラジオ収録

古文書班の活動中に、さくらFMの収録がありました。 前田豊さんの「歴史と文化の散歩道」毎週日曜朝8時