*

調査団 古文書班・120711・代判備中屋利助

      2014/09/06

宗門帳には戸主が確認のため毎月判子を押すのですが、これは成人男性だけに認められた
ことで、女性戸主や未成年?の男子が戸主の場合には成人男性が代わりに確認の判を
押すのだそうです。

今担当している冊子をパラパラと見てみると、同じ判子が使いまわされている!?と
気になったのでよく見ると、女性戸主の代判の男性が同じ名前「備中屋利助」でしたので、
そうか、この判子は利助さんの判子なんだと納得しました。

ところがさらに見ていくと備中屋利助さん本人の記入が出てきて判を押しているのですが
なんだか違う?と思ったらなぜだか天地をさかさまに押してるようです。 

代判

利助さんの判を上下ひっくり返して並べてみたら、濃い薄いはありますが同じようですね。
(判の大きさが違うのは写真の切り取り方によるので気にしないで下さい)

代判印章 

           -活動日2012.7.11.(水) 団員7名+学芸員1名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・131015・右か左か

筆文字の崩し字は楷書では似てなくてもよく似ている文字などもありますが、 もともと似ている文字はさらに

調査団 古文書班・160127・人の移動

四井屋ゆかの家に「同町当舎屋久右衛門の姉ひさと祖母妙厚を辰年三月に引き取る」 と追記があって、二人の

古文書

調査団 古文書班・120822・よく似た崩し字

久しぶりの古文書班の活動でした。 「一ヶ月ぶりだとせっかく慣れてた頭がにぶってるなぁ」と苦笑いしなが

調査団 古文書班・190822・古郷帰り

浜石在町宗門帳には浜東町では見なかった表現も出てくるようになりました。 浜石在町のこの家に同家として

調査団 古文書班・170824・飾西郡

郡の名前が二文字目は西だと思ったのですがよくわからなくて、地名辞典で 調べると播磨国飾西(しきさい)

調査団 古文書班・140522・男か女か

いいお天気でしたが、今日は窓のない狭い部屋でほぼフルメンバーで 集まったら室温もあがって急に眠くなっ

調査団 古文書班・170525・6年目に突入

先月から古文書班に新メンバーが加わりました。 6年目の今年度は、浜東町の史料も残りが数えるほどになっ

調査団 古文書班・130604・備中屋利助

以前にも紹介しましたが、またまた備中屋利助さんの登場です。

調査団 古文書班・120926・引っ越しました

引越し前後の情報がきちんと見つかりました。 たまたま宗派が同じで同じ町内の借家から借家へ移ったので同

120711CIMG8819k

調査団 古文書班・引越しました

以前ここに書いた古文書班の記事を見た古文書班のメンバーから、同じ家族が その人の担当している冊子にも