西宮流へ戻る

調査団 古文書班・130509・宗門帳の形式

西宮町は幕府領で大坂町奉行所の管理下にあったので、西宮町宗門帳は大坂での
形式にちかいものだそうです。

まず宗旨とどこの寺の檀家なのか 「○○宗○○村○○寺旦那」
その下に借家であれば家主について 「○○町○○屋○兵衛借家」
当主の名前 「○○屋 年×× ○衛門」
毎月確認のハンコを押します
家族の名前・年齢・続柄が続きます 「女房 とし×× ○○」

以上が基本事項ですが、このほか結婚したとか死んだとか変更事項があれば
あいているスペースに書き込まれています。

西宮町宗門帳 

        -活動日2013.5.9.(木) 団員4名+学芸員1名 郷土資料館にて-

 西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

タイトルとURLをコピーしました