*

調査団 古文書班・130509・宗門帳の形式

      2014/09/09

西宮町は幕府領で大坂町奉行所の管理下にあったので、西宮町宗門帳は大坂での
形式にちかいものだそうです。

まず宗旨とどこの寺の檀家なのか 「○○宗○○村○○寺旦那」
その下に借家であれば家主について 「○○町○○屋○兵衛借家」
当主の名前 「○○屋 年×× ○衛門」
毎月確認のハンコを押します
家族の名前・年齢・続柄が続きます 「女房 とし×× ○○」

以上が基本事項ですが、このほか結婚したとか死んだとか変更事項があれば
あいているスペースに書き込まれています。

西宮町宗門帳 

        -活動日2013.5.9.(木) 団員4名+学芸員1名 郷土資料館にて-

 西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・130201・尼崎の旦那寺

濱東町借家住人で武庫川の向こうの尼崎に旦那寺を持つ人も、何軒かありました。

調査団 古文書班・130118・鳴尾の旦那寺

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくる旦那寺ですが 鳴尾村には四軒もありました。

調査団 古文書班・160211・女性の名前

前の古文書班の記事で紹介した人ですが、「ゆか」さんです。 まず見たものは変体仮名の「遊可」と書かれて

調査団 古文書班・浜東町の寺

濱東町の宗門帳を読んでいてよく出てくるお寺は信行寺と正念寺です。

調査団 古文書班・151028・水帳絵図

西宮市立郷土資料館には江戸時代の西宮町の地図が数点あります。 そのなかに「水帳(みずちょう)絵図」と

調査団 古文書班・131119・印の変更

理由はわからないのですが、ハンコが変わっているケースがありました。

調査団 古文書班・131128・法華宗の旦那寺

「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」の法花宗の旦那寺は 尼崎が多かったです。

調査団 古文書班・161012・水帳絵図の年代

すこしずつ調査作業が進んでいる水帳絵図ですが、所有者変更時に訂正のために 貼り重ねられた付箋の中に年

調査団 古文書班・150826・縁付

結婚に関する移動も注記事項に書かれています。 また、ここに挙げているのは養子ですが離婚となって実家に

調査団 古文書班・130618・禅真法宗

去年の活動開始からたまたま一向宗の宗門帳を何冊か担当していましたが、 次に取り掛かるのは禅・真言・法