*

「西宮神社の石造物」展の準備

   

今年度初めから、石造物班関連のお手伝いをしていました。

秋に歴史調査団の活動紹介展示として西宮神社の石造物調査を取り上げるから
興味のある人は展示準備を手伝ってくださいと学芸員さんから話があって、
石造物班のメンバーの作業を手伝えばいいのかなと気楽に手伝いを申し出ると
参加者はなぜか石造物班ではない二名だけとなりました(笑)

そしてそこに、阪神南県民局のリレーミュージアム企画に加わることになり、
テーマの「阪神南のゆかりの作家」については句碑や歌碑を取り上げれば
両方とも条件を満たすかなということでメインの石造物が決まりました。

そのほかに取り上げる石造物を選んで、それらについて調査をさらに進めて、
その内容をどう説明するか考えて、展示品のサイズからレイアウトを考えて、
展示に使う印刷物が出来たらパネルに仕立てて、展示室に並べて、と様々な
作業を面白く勉強させてもらいました。
展示内容について打合せ 風に翻弄されながらも展示に使う拓本をとる
展示室に掲示するパネル作成 展示室にまっすぐに並べてゆく
手伝いという言葉から気楽なものを考えていましたが自分たちでしっかりと
内容を考えなくてはならず、興味がおもむくままいろいろ調べていきましたが
学芸員さんの考えていた方向性と違ってしまったのではないか、かえって
手間を増やしたのではないかなど時々不安に思いつつのお手伝いでした。
展示作業も一日だけは手伝って最終的な仕上げはお任せしてきたので、
明日からの展示がドキドキです(笑)
リレーミュージアム
第46回特集展示「西宮神社の石造物―春詠む芭蕉、秋の鬼貫―」
2016年9月3日(土)~10月2日(日) 10時~17時 月曜休館
西宮市立郷土資料館・常設展示室(前室)
http://www.nishi.or.jp/contents/0002710100040004800699.html

 

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -.活動報告, 石造物班

  関連記事

2012.7.9.

調査団 石造物班・120709・B松林地区

梅雨の晴れ間のいいお天気でしたが、ちょっと大変なことになってました!

調査団 石造物班・150421・新人研修

平成27年度の石造物班の活動は、まずは西宮神社の調査の整理に取り掛かる そうですが、新メンバーも加わ

調査団 石造物班・121227・F稲荷地区

調査団石造物班の調査活動も年内最終です。 通常火曜日に活動している班がたまたま今日木曜日に調査をする

西宮神社の石造物ウォーク

先月の郷土資料館の特集展示「西宮神社の石造物」に関連しての歴史調査団と歩く 歴史散策が開催されました

no image

西宮歴史調査団とは

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内に点在する文化財を調査し その成果を書物や展覧会などで発表す

西宮歴史調査団と歩く甲東村

西宮市歴史調査団の現地解説会が行われましたので、写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているの

調査団 定例会・181013・現地見学会

西宮歴史調査団は各班ごとの活動日のほかに毎月一度全体で集まって 勉強会や打ち合わせなどを行っています

甲山神呪寺八十八ヶ所巡り

神呪寺の南に四国八十八箇所を模したミニ巡礼地があるのをご存知でしょうか。

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)

調査団 石造物班・121022 ・B松林地区

調査団の石造物調査の松林地区は今年から始めた新人さん二人で担当しています。 灯籠の一通りは終わったと