*

調査団 古文書班・160617・水帳絵図の印形改

      2016/10/13

萬屋平五郎-西2-4-CIMG0436 萬屋平五郎-西2-5-CIMG0435 萬屋平五郎130808CIMG3296

私の担当の部分10軒の縮図は一応描けたので、次にとりかかる土地所有者名の
貼紙の確認を少しだけしてみました。

男性戸主名や判子は代々受け継いだりするのでそれだけでは決め手に欠けますが、
前にも記事にしましたが判子を変更したときの宗門帳がみつかれば、この水帳の
年代を絞り込む重要な資料となります。

ちょうど萬屋平五郎の印形改が見つかり、たまたま画像ファイルにある宗門帳の
写真の中に文久元(1861)年の改印後の宗門帳がありました。
年代をさかのぼって改印したときの宗門帳が残っていればいいなぁと思いすこし
調べてみましたが、すぐ見ることのできた天保14(1843)年では古い方の判子が
押されていたので、簡単には見つからないようです。

 

-活動日2016.6.17.(金)  団員11名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・150130・伊丹の旦那寺

  今も伊丹にたくさん寺が残っていますが、JRと阪急の伊丹駅の間の 伊丹市宮ノ前2丁目に浄土宗光明寺

調査団 古文書班・191220・浜東町の拡大

以前にも概要を紹介しましたが、浜東町歩きで調べた町の拡大について紹介します。江戸時代の西宮町の様子を

調査団 古文書班・130912・座頭

私が宗門帳を読んでいて職業のわかるケースは医師だけですが、 他の冊子には別の職業も出てきたそうです。

調査団 古文書班・170525・6年目に突入

先月から古文書班に新メンバーが加わりました。 6年目の今年度は、浜東町の史料も残りが数えるほどになっ

調査団 古文書班・121128・記号の判子

宗門帳で見れる判子のデザインはいろいろ面白いものがあります。

調査団 古文書班・190626・ラジオ収録

古文書班の活動中に、さくらFMの収録がありました。 前田豊さんの「歴史と文化の散歩道」毎週日曜朝8時

調査団 古文書班・女性の名前(わ~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。

調査団 古文書班・浜東町の寺

濱東町の宗門帳を読んでいてよく出てくるお寺は信行寺と正念寺です。

調査団 古文書班・130313・借地帳

二冊目は借地人の帳面を担当しました。 基本的な内容は今まで取り組んでいた借家人の帳面と同じです。

【中止】令和元年度西宮歴史調査団活動報告会

新型コロナウィルス感染症の国内での感染発生に伴い、 西宮歴史調査団2019年度活動報告会は中止となり