西宮流へ戻る

調査団 古文書班・150212・土地の所有者

今調査しているのは浜東町に住んでいる人の宗旨人別帳ですが、
自分所有の土地に住んでいる人(家持)、借りた土地に自分で家を建てて
住んでいる人(借地)、借家住まいの人(借家)と三つに分けられます。

借地や借家の人には誰が地主か誰が家主かが書かれていますが、それに
対応する地図がないので、だれがどこにどのくらい土地を持っていたか
などはわかりません。

下の例は、浜東町慶応二年浄土宗の借地21軒中の土地所有者名の一部で
他の町が浜東町内に土地を持っているというものを挙げてみました。

.tisyo-141205CIMG9333 .tisyo-141205CIMG9330 .tisyo-141205CIMG9332 .tisyo-141205CIMG9334 .tisyo-141205CIMG9335 .tisyo西宮町地図(2-1)150130k

地図の右側の濃いグレーの部分が浜東町です。
その中のどこかに、町方と言われる西宮神社の門前(今の本町通りのあたり)の
町が土地を所有していたようです。

 

-活動日2015.2.12.(木)  郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました