夙川舞桜

← 前のページに

西宮の固有の桜の名前。市民公募で名前が決まった桜。

  • 花は半八重~八重咲きで、初めは淡紅色、のちに白色に変化し、最後は血脈で赤くなる。
  • 成長が早く、苗木を植えてから開花まで2~3年と期間が短い。
桜 夙川舞桜
夙川舞桜

平成11年、雲井町に自生していることが確認され、その後、植物生産研究センターでバイオテクノロジーによる増殖に成功。平成17年に市民の投票により名前がつけられたピンクのかわいい桜。

花びらは、その名前のように舞うように踊っている。花弁が10枚くらいまでの半八重の桜で、最初は薄いピンクで徐々に白くなり、最後は赤く染まって散る。山桜と何かの自然交配種。

西宮流(にしのみやスタイル)2012.03.23  

サクラの名所には固有の桜が生まれやすいという。
西宮の市の花がさくら。春には桜の名所100選にも選ばれている夙川公園をはじめ、街のあちこちがピンクに染まる。
六甲山に近くなると、ソメイヨシノから山桜に変わる。
まさに、西宮はサクラの街。

西宮固有種のかわいい桜をイメージして、西宮のお土産を作ろうと、西宮流(にしのみやスタイル)がプロデュースして商標登録し、和菓子の成田家さんでは「夙川舞桜」と名付けた最中を販売したり、大沢本家酒造で「夙川舞桜」という純米酒を販売したりしたこともあったが、今はどちらも販売を終了している。

夙川舞桜

2012年現在で夙川舞桜が植えられているのはこちら➡
(少し古い調査になっているので、これより増えていると思うのでまた更新したい)

夙川舞桜に関する記事はこちら➡

さくら特集の記事はこちら➡

こんなサイトもご参考に➡︎

Table of Contents