西宮オリジナル桜が南三陸町へ

南三陸町 フリー素材

2021年3月11日。東日本大震災から10年。
その節目に、西宮のオリジナルの桜>>が南三陸町に贈られる。

贈られるのは、4種ある西宮オリジナル桜のうち、西宮権現平桜>>17本と夙川舞桜>>10本。
三陸町の震災記念公園に植えられる予定。

南三陸町は東日本大震災の後、西宮市から職員が派遣されたりという繋がりのあった場所。そんなご縁で、西宮のオリジナルの桜が根付く。

もう一ヶ所、職員派遣で繋がりのあった女川町にも2017年に友好の証として西宮のオリジナルの桜が植樹されている。
その年、女川町から贈られた『津波桜』(震災で生き残った女川町のソメイヨシノ)は、越水浄水場で花を咲かせている。

この10年間、様々な繋がりは官民のあちこちで作られてきた。
西宮神社で行われている「福男選び」も、岩手県釜石市の「韋駄天競争」や宮城県女川町の「津波伝承 女川復幸男(ふっこうおとこ)」などへとつながっている。



投稿日時 : 2021-03-07 13:17:32

更新日時 : 2021-03-07 17:23:10

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです