西宮流 用語集

門戸厄神・東光寺

← 前のページに

阪急電車の門戸厄神駅から北西の方向に約10分の、小高い岡の中腹に「門戸の厄神さん」で知られている門戸厄神・東光寺がある。正式な名前は松泰山東光寺で、高野山真言宗のお寺である。
嵯峨天皇が41歳の時に、「愛染明王と不動明王が一体となり、あらゆる厄災を打ち払い魔を退治する力」との夢を見た。弘法大師にこの話をし、弘法大師が白檀の木で三体の厄神明王を掘り、その一体を東光寺に祀った。(他の2体は既に無くなっている)。
入口から順に境内を巡って見ましょう。

男厄坂を上って最初に入るのが表門、変額には開運社との文字が
男の代表的な厄にちなんだ42段の入り口の階段
中楼門に上る女の代表的な厄にちなんだ33段
境内の中程にある中楼門。門の下にはその年の干支の大絵馬
中楼門の格天井にはみごとな龍の絵が通る人々を守っている
金色の宝珠は参詣者の金箔が張られて光っている

東光寺の本尊をお祭りする薬師堂(瑠璃光殿)、本尊は正しくは薬師瑠璃光如来。瑠璃光を持って衆生の病苦を救うというこの如来は最も大衆の信仰を集めたと言われている。

東光寺の本尊、薬師瑠璃光明王をお祭りする薬師堂

門戸厄神の本殿、厄神堂。 厄は災いに遭いやすいということだけでなく、人生の要所要所に節目があり、肉体的・社会的にも様々な変化が現れる区切りになり、気を付けようということが厄年だ。

厄神堂の前には大祭には煙もうもうの焼香炉がある。お線香の煙で厄除けを。

本堂でのお参りが済んだら、本堂浦にある奥の院にもお参りしよう。厄神明王の祠の横には不動明王が祀られており、不動の滝が流れている。

奥の院の厄神明王
不動明王と不動滝
大黒堂・愛染堂
弘法大師を祭る大師堂

不動堂では、大祭時に護摩札に願を記入し、堂内で護摩焚きを行う。毎年多くの人が厄除けを祈念してここに集まる。

普段は素通りして殆ど気が付かないが、表門の脇に両側に小さな祠がある。
ここに祀られているのは左に制多伽童子(せいたかどうじ)、右に矜羯羅童子(こんがらどうじ)。本来は不動明王に眷属しているが、門戸厄神では厄神明王に眷属している。

制多伽童子 、地魔を矢で狙う。祈念の効果が早く現れる。
矜羯羅童子 、天魔を矢で射る。菩提心を安住せしめる。

関連する記事は、門戸厄神(厄除け大祭)厄神龍王竜王広場 を参照