西宮の節分祭いろいろ・・・

歴史 神社仏閣

タグ :

節分とは、本来は各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことだそうです。
最近はその年の恵方に向かって、巻きずしをかぶるという恵方巻を食べる日・・・となって来ているようですが(笑)、昔は季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられ、その邪気を払うために豆まきをしたり、家の前に柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり、寺社で豆撒きをしたりするようになったようですね。
各家庭では「福は内、鬼は外」と声を出しながら煎り大豆を撒いて、年齢の数だけ豆を食べたりされていますでしょうか??
今年は2月3日(土)が節分ですが、市内の寺社でも節分祭が行われます。
<西宮神社>
1月28日(日)9:00~14:00 節分用福餅つくり(ぜんざいの振舞いもあり)
2月3日(土)10:00~ 節分祭
17:30~ お焚き上げ福火点火
18:00~ 福餅無料拝受(約500袋)

<広田神社>節分御火焚(とんど)祭
社頭にて節分の福豆と、紅白小餅、甘酒を無料で授与(なくなり次第終了)

<越木岩神社>節分祭・厄除祈願祭が斎行
19:00~ 本殿にて祭典を斎行し、その後に豆まき神事
(参拝者が豆を拾うのではなく、参加者全員で豆まきを行う)

<東光寺・門戸厄神>
平安時代より真言・天台の密教寺院で行われている個人の本命星を供養してお札を受け、一年の除災招福を願う法会。護摩が焚かれる。

 

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2018-01-27 18:26:43

更新日時 : 2018-03-13 19:10:51

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!