西宮船坂ビエンナーレ

船坂里山学校

船坂の地域住民たちが「地域活性化のきっかけづくり」を目的にして、2010年~2016年まで2年に一度計4回のビエンナーレを開催した。

作品は単に運んで来て展示するだけでなく、必ず船坂で手を加えることとし地元に泊まり込んで制作する作家も多かった。
展示場所は、船坂里山学校や地域の中にある空き家、田んぼや畑の一角など、作品によって様座なところで展示され、見物人は船坂のエリアを歩き回って鑑賞するという仕組みになっていた。

この里山の風景を愛し、長く地域の方との交流のあった作家もあり、歳を重ねるごとに人気のイベントであったが2016年を最後に惜しまれながら幕を閉じている。

西宮船坂ビエンナーレ関連の記事はこちら>>

投稿日時 : 2021-10-21 17:46:00

更新日時 : 2022-10-21 17:49:28

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮ペディア カテゴリ