トピックス

西宮名塩ニュータウンにある池田満寿夫氏のオブジェ

名塩ニュータウン

西宮名塩ニュータウンは、JR名塩駅から斜行エレベーターで上がる高台の住宅地。西宮名塩駅から高低差60mの斜行エレベーターが特徴。愛称は「創造の丘ナシオン」といい 1991年に「街開き」が行われた。

名塩ニュータウン

1994年には建設省都市景観100選で大賞に選ばれたこともある住宅地だが、南向きの斜面に点在する建物はゆったりと緑の中に配置され、それぞれがとても特徴的で見ているだけでも楽しい。
ナシオン広場 ナシオン広場
特徴的なナシオン広場には、リエラ・イ・アラゴ氏の『アビオ名塩』がそびえ立つ。
リエラ・イ・アラゴ リエラ・イ・アラゴ

このニュータウンの特徴の斜行エレベーターの広場には、なんと池田満寿夫氏の立体物が目を引く。
池田満寿夫氏は画家・版画家・挿絵画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督など多くの肩書きがありたくさんの作品を残しているが、49才で陶芸を始めたのちブロンズ制作を手掛け野外に置かれる巨大なモニュメントも制作した。その数少ないブロンズの立体物のうち実に3体がここ名塩ニュータウンに残されている。
斜行エレベータの下部の広場に『ナシオンの天馬』『ラ・メール』、上部広場には『静と動』と二つの銅版画がある。

池田満寿夫

ナシオンの天馬

池田満寿夫

『ラ・メール』

池田満寿夫

静と動

池田満寿夫 池田満寿夫
西宮名塩ニュータウンのご案内』というサイトの中に、池田満寿夫さんが『創造の丘ナシオンは、アートに出会える街』という題名で寄稿されている。

この文章の中で斜行エレベータ-について「大きなひとつの噴火ブロックのような勢いを見せている。」と書かれている。まだ体験されていない方は一度名塩まで足を伸ばしてみられては・・・・。
斜行エレベーター 斜行エレベーター
斜行エレベーター 斜行エレベーター

 

 

 

 

 

今日の写真

12月16日甲山 12月16日

紅葉した甲山。西宮市の南部からは良く見えるランドマークともいえる甲山は、おおよそ309mの高さで…

新着投稿

おすすめ記事

  1. キセキの葉書
  2. キセキの葉書
  3. 涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト 北口公園の時計
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
プレゼント
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP