*

調査団 古文書班・160617・水帳絵図の印形改

      2016/10/13

萬屋平五郎-西2-4-CIMG0436 萬屋平五郎-西2-5-CIMG0435 萬屋平五郎130808CIMG3296

私の担当の部分10軒の縮図は一応描けたので、次にとりかかる土地所有者名の
貼紙の確認を少しだけしてみました。

男性戸主名や判子は代々受け継いだりするのでそれだけでは決め手に欠けますが、
前にも記事にしましたが判子を変更したときの宗門帳がみつかれば、この水帳の
年代を絞り込む重要な資料となります。

ちょうど萬屋平五郎の印形改が見つかり、たまたま画像ファイルにある宗門帳の
写真の中に文久元(1861)年の改印後の宗門帳がありました。
年代をさかのぼって改印したときの宗門帳が残っていればいいなぁと思いすこし
調べてみましたが、すぐ見ることのできた天保14(1843)年では古い方の判子が
押されていたので、簡単には見つからないようです。

 

-活動日2016.6.17.(金)  団員11名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・151112・水帳絵図

先日「水帳(みずちょう)絵図」などの史料を学芸員さんが調査撮影している 様子を見学させてもらいました

2012.7.6.

調査団 古文書班・120706・幼い戸主

古文書調査のページが進んでいくと、またまた若い戸主がいました。 この場合はなぜ母親が戸主にはならない

調査団 古文書班・女性の名前(や~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。

調査団 古文書班・140925・轟木村より

以前調査した別の年度の冊子でも見かけた轟木村からの家族に気が付きました。

調査団 古文書班・131105・針醫師

文久三(1863)年の浄土宗宗門帳に新しい職業記載を見つけました。

調査団 古文書班・120601・嘉永三年と六年

古文書班活動、前回紹介した年度違いの冊子について一例を紹介します。  (文字を読み間違えていることが

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。 当初の古文書班登録メンバーは確か1

調査団 古文書班・130215・西宮の屋号

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくるたくさんの屋号の中から まず西宮にゆかりのあ

調査団 古文書班・160127・人の移動

四井屋ゆかの家に「同町当舎屋久右衛門の姉ひさと祖母妙厚を辰年三月に引き取る」 と追記があって、二人の

調査団 古文書班・女性の名前(な~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめています。