*

調査団 古文書班・160318・嫁

      2016/03/22

yome-160127CIMG6999z yome-160127CIMG6999gz

宗門帳には戸主を筆頭に家族の名前と戸主との続柄が書かれています。
親夫婦と息子夫婦が一家にいる場合は「戸主・女房・倅・女房」と女房が
二人いるようですが、倅の次に書かれているのはもちろん倅の女房です。

宗門帳には「嫁」とは書かない習慣なのかと思っていたのですが、ありました。
上記の例だと、「女性戸主・代判人・娘・嫁」と続いていますが、女性戸主の
息子が死んだか何かでいないようなので、その女房だけを書くときには
「嫁」となるようですね。

 

-活動日2016.3.18.(金)  団員9名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・140204・禅真言法花旦那寺

夏から担当していた「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」の 翻刻作業が終わりました。

調査団 古文書班・女性の名前(や~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。

小山屋宗太郎

調査団 古文書班・120627・若い戸主

宗門帳を読んでいると若い戸主がいました。

調査団 古文書班・160127・人の移動

四井屋ゆかの家に「同町当舎屋久右衛門の姉ひさと祖母妙厚を辰年三月に引き取る」 と追記があって、二人の

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

調査団 古文書班・130507・活動開始

西宮歴史調査団古文書班の平成25年度の活動が始まりました。

調査団 古文書班・150918・同家

人の移動に関して「同家」というものもあります。 同居人の意味合いではあるのですが、親戚なら続柄を書く

調査団 古文書班・140606・神戸の旦那寺

現在調査担当しているなかに、新しい旦那寺が出てきました。 一向宗兵庫津西光寺です。

調査団 古文書班・140508・横長の印

ちょっと変わった横に長いハンコが出てきました。

調査団 古文書班・130123・神戸の旦那寺

西宮町借家在住者の旦那寺は神戸方面にもありました。